男性は、自分のために尽くしてくれる女性が大好きです。女性も母性本能が発揮し、男性を尽くします。ふたりはとてもラブラブだったはずなのに、なぜか振られてしまう女性って少なくないはずです。「こんなにも尽くしたのになぜ?」そう疑問を抱いている人は、これを読めば理解するかも。

 

相手に「重たい…」と思われてしまう

 

彼氏のことが大好きすぎて彼自身ができることでもあなたが何でもやってしまう行為。それは、彼にとって「重い」と思われているかもしれません。「そこまでやらなくて大丈夫」「それはできるから平気」なんて言われたことはありませんか?彼からしたら「頼んでないのに勝手にやった」と思われているのです。自分のことは自分でやるようにすることで、「重たい」だなんて思われないでしょう。

 

彼女を通り越してお母さん的な存在に…

 

身の回りのことをあなたがすべてやってしまう行為を「重たい」という感情から、さらに「お母さんのようだ」と彼が感じてしまったら終わりが近いかも…。できないことはできないと断ることも大切です。あなたのことをいつまでも彼女として扱ってくれるでしょう。

 

すべてのことに「YES」と答える自分がない女

 

彼に嫌われたくない!彼の言ってることが正論!なんて思ってはいませんか? 一見、あなたは物わかりがよい女性に見えますが、彼の意見に対して毎回同意しているようでは、いつかは飽きられてしまいます。しっかりと自分の意見をのべ、お互いを理解するのが大事ですよ。
まずは、尽くし方の度が越えていないか再確認してみてください。男性は追われるよりも追うほうが好きなのです。世話焼きもほどほどに…。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

恋愛】の最新記事
  • 失恋を引きずり苦しんでいるあなたへ。忘れるための処方箋
  • やりすぎは注意! 男性が引いちゃう女性からのアプローチ
  • 不倫が本気の恋愛に!? 本当にあったやばい恋愛エピソード
  • 「きっとまた傷つくんだ…」過去の恋愛トラウマのせいで素直に恋できない人へ
  • 出会いから超高速で交際まで!男性に「一目ぼれ」を意識させる反則技!
  • マンネリを感じたことのある男性は半数以上!乗り越え方のコツ
  • 愛される女性は自立している!男性に好かれる真の「大人の女性」とは?
  • 4股で修羅場!? 穴があったら入りたい! 20代の「恋愛黒歴史」