独り身で迎えるクリスマスは、寂しいものかもしれません。だからといって、彼氏ほしさに必死になり過ぎてしまうと、周囲に安売りしていると見なされて、クリスマス後にまで悪影響を及ぼすおそれがありそうです。そこで今回は、必死すぎて舐められるイブ前の行動をご紹介します。

 

手当たり次第にせがむ



 

誰かに助けを求めるとしても、あまりに節操がないとドン引きされてしまうようです。相談するなら信用できる男友達だけにして、「数撃ちゃ当たる精神」は捨てたほうがいいでしょう。

 

半年以上連絡を取っていない男性に声をかける

 

クリスマス前の不自然なお誘いは、下心を見抜かれることが多いようです。しばらく疎遠にしていた相手には、「同窓会」「同期会」などの大義名分を設けるのが無難でしょう。

 

SNSで寂しいとつぶやく

 

イブ前のブルーな気持ちをさらけ出すのも、見苦しいと思われてしまいそうです。「寂しい女」に寄ってくる男性は大抵ろくなものではないので、本音をぶちまけたくてもグッとこらえましょう。
いかがでしたか?
当てはまる人がいたら、周りからイタいめで見られるので注意して。

Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

恋愛】の最新記事
  • 美人女性が選ぶ「B専」が好きな理由は?
  • あの頃の思い出を語る!学生時代の胸キュンエピソード6つ
  • 「月が綺麗ですね」意味不明な告白が愛の告白だったときに思うこと
  • 熟女派だという男性……実は少し年上の姉さんくらいまでしか許容していない?
  • むごい仕打ちを受けても恋人から離れられない心理的な理由とは?
  • リア充へのねたみ、そねみが招く恋愛の失敗談
  • それって本当の恋?「恋♡に恋する乙女」が幸せになれない理由
  • ムカつく男をだんだん好きになってしまった時の心の在り方