熱しやすく冷めやすい性格の人もいるもの。
もちろん悪いことではありません。瞬発力があって、スタートダッシュが効くとも言えます。
 
ただ、それが仕事や勉強などに発揮される場合なら構わないのですが、こと恋愛にとなると、いささか困ったことになります。
 
最初は情熱的にアプローチしてきて、どうしようかと思っていたけれど、こんなに思ってくれるなら、と付き合いだしたらなんだか態度が変わってきた……今では冷たいといってもいいくらいにそっけない。なんて経験はありませんか?
 
最初からそうだと分かっていたらまだ、なんとかできたかもしれません。
そんな、熱しやすく冷めやすい彼らの特徴をまとめてみました。
 

熱しやすく冷めやすい人の特徴 誰にでも調子がいい

 
熱しやすく冷めやすい彼らは、誰にでも仲のいい態度を取れます。垣根なく人と接するため、まわりに人が集まってくる場合が多いかもしれません。フレンドリーで、会話も楽しい彼は、人気者! なんてことも。
 
でも、よく観察したら、ずっと彼のそばにいる相手はいないなんてことはありませんか? そこが熱しやすく冷めやすい彼の特徴です。
 
誰とでも分け隔てなく接せる代わりに、特定の人と深く長い付き合いをもつことが少ないのです。

熱しやすく冷めやすい人の特徴 自分のペースで相手を振り回す

 
そして、自分のペースで相手を振り回すのも、熱しやすく冷めやすい彼の特徴です。振り回しても平気だからこそ、すぐに冷めることができるのですね。
 
自分の感情に素直な彼は、相手よりも自分を第一に考えます。ひどい、と思うかもしれませんが、自分のことを自分で分かっているというのは強みです。
 
インスピレーションが必要な作業に、このような性質は生かされます。
 

熱しやすく冷めやすい人の特徴 こちらの希望は聞いてもらえない

 
ただ、こちらの希望を聞いてもらえないのは困りものです。彼はあくまでも彼のペースでものごとを運びたいのです。
 
そのためか、サプライズはとても得意です。付き合いだした頃や、アプローチをされているときは、彼のそんなところがロマンチックですてきに思えることでしょう。
 
ただ、長く付き合うにつれて、いつもサプライズをしてくれるとはかぎらないことに気がつきます。また、いいサプライズばかりではないことも心がけておきましょう。

熱しやすく冷めやすい人の特徴 飽きたと思ったら終わり

 
そんな彼の最大の難点は、「冷めたら終わり」であることです。
あなたにも熱しやすいのですが、それはほかの対象にも熱しやすいということ。
 
同じ人に熱を注ぎ続けることは、あまりありません。しかもそのときは、なんの前触れもなくやってくるのです。
 

おわりに

 
熱しやすく冷めやすい彼は、一見ロマンチックですてきに思えますが、いろいろと注意が必要なタイプの男性。
上手に見極めて、トラブルを避けましょう!
 
(yummy!編集部)
 
■付き合った後に態度が変わる「釣った魚に餌をやらない」男子の対処法|エマちゃん
■ついていけない! 今まで優しかった彼氏の態度が激変する理由
■燃え上がる恋は短命!恋愛初期に盛り上がりすぎるとうまくいかない?
 


 

恋愛】の最新記事
  • 男性がハマる女性の一瞬の笑顔「俺にだけ見せてくれている」と錯覚させるシチュエーションとは?
  • 意味ないです! “脈あり・脈なし”を気にするだけムダな理由
  • 好奇心から始まった恋愛関係、お互いを知り尽くしたら次に訪れるのは何?
  • 元カレからの「好き」の気持ちを無視したら恐ろしいことになった【後編】
  • 好きな人に素っ気なくしてしまうのはNG? 好き避けのデメリットとは?
  • 相手からの「好き」の気持ちを無視したら恐ろしいことになった【前篇】
  • 恋人になった途端に塩対応「付き合うまでが恋愛」の人と付き合ってしまったら?
  • 20代と30代の恋愛は何が違う? 30代女性に聞いてみた!