彼氏と同棲を始めてラブラブ生活を送っていたはずなのに、気づいたら彼氏のちょっとした行動にイライラしている自分がいる……なんてことはありませんか? こんなことなら一緒に暮らすのではなかったと後悔する声も聞こえがちですが、育ってきた環境が違う二人が一緒に暮らすわけですから、些細なことでイラつくのは当然です。それをどこまで許せるか、きちんと線引きすることが大事ですよね。そんな同棲中のカップルの許容範囲をまとめてみました。みなさんの参考にしてみてください。

 

こちらに許可なく友達を泊める

 

許せない、の声が多かったのは、「彼女に許可を取らずに友達を泊めること」でした。遊びに来るだけならまだしも、宿泊となると、お風呂からご飯、布団の用意までするべきことはたくさんあります。それを全部彼氏がするのならいいのですが、突然友達を泊めるような彼氏は彼女任せにするような人が多いらしく、「どうして私がそんなことまでしなくちゃいけないの!」とケンカになった例がたくさんありました。一緒に暮らしているとはいえ、自分の友達の面倒は自分で見て欲しいですよね。

 

一人になりたいと言われる

 

反対に、許せる、の声が多かったのが、「彼氏から一人になりたいと言われた」場合です。「自分も一人になりたいときがあるからわかる」「そう言って外出してくれると、自動的にこちらも一人になれるから、むしろ大歓迎」などと、共感できるからこそ許せるとの声が。ときには一人にしてあげることは、一緒に暮らしているからこその思いやりかもしれませんね。

 

相手のものを勝手に使う

 

また、彼女のシャンプーやクリームなど、彼女にとってお宝といっていい美容グッズを勝手に使って怒られた男性は多いようです。彼氏からしたら、ちょっとなくなったから借りただけだと思うのですが、値段を知らないからこそできる行為でしょう。女性の聖域はコスメ、との言葉があるように、化粧品やシャンプーリンスには触れないほうが無難です。自分のシャンプーが切れて困ったときは、彼女にお伺いを立てるべきでしょう。

 

約束を守らない

 

これはどちらにも言えることですが、あらかじめ決めたルールが守れずケンカになるカップルも多く見られました。とくに、「遅くなる」「今日、帰らない」などの帰宅に関する連絡でのトラブルが多いようです。

お互いを思いやってなるべくケンカはしないようにしたいですよね。ケンカするたび仲のいい二人になれるようにがんばってください.
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

恋愛】の最新記事
  • あの人が抱えるあなたへの本音の思い
  • 意外と身近にいる、あなたのことを大切に思っている異性
  • あの人は今日の私をどう見ていた?
  • ココ・シャネルの名言から学ぶすぐにモテる恋愛の法則とは?
  • 幸せになるゲス恋愛のススメ。恋人が複数いるとより幸せになる?
  • 二人はどのように心が結ばれている?
  • 彼氏の言動や行動にイラっ! …実は仲が深まってきた証拠!
  • ポイントは褒めること!バレンタインに恋のきっかけを作るアピール