カップルが付き合いを続けていくうえで、性的に合うかは非常に重要な要素ですよね。
性格や趣味が合っても、セックスが微妙すぎるという理由で、ふつうに別れてしまうこともありえます。

著者が実際に聞いた、かなり強烈な「性の不一致エピソード」をまとめてみました。

 

思わず別れたくなる性の不一致エピソード5選

 

もしも、あなたの大好きな彼氏が、こんなセックスをしてきたらどうしますか?

 

●その1:セックス中にも帽子を取らない男

 

出かけるときはもちろん、家にいるときもずっと帽子を取らない彼。常識的に考えて、室内では取ってほしいなと思っていたものの、大目に見ていました。
しかし、なんとセックス中にも帽子取らず「裸+帽子」というありえない姿に。おかし過ぎて、笑いを堪えるのに苦労しました。

ちなみに襟足やもみあげはチラ見えしていたため、髪の毛はあったようです。カツラではないはずなのになぜ!?
(29歳/医療)

 

○帽子男子という新ジャンルができそうな予感。激しい動きの体位はしてくれず、基本的に正常位ばかりだったそう。

 

●その2:挿入よりキス好きな男

 

初セックスのとき、最初にキスを10分くらいされた。これだけでも比較的長いですよね。その後、ものの数分でセックスは終了。
それから2時間ほど唇にキスされ続けた。唇を相当気に入られたみたい。
さすがに唇が腫れて、1日ほど食事をするのが大変だった。
(30歳/美容部員)

 

○2時間耐久キスは超えるのが難しい記録です。それにしても2時間という時間を、冷静にタイムキーパーしている彼女にも笑えます。

 

●その3:手だけでイってしまう男

 

付き合ったのは1ヶ月間だけ。私が手でしてあげるだけですぐイってしまう元カレでした。手コキで満足してすぐに深い眠りについてしまうのが特徴。私に対しては何もしてくれません。「客か!」とつっこみたくなります。
(26歳/保険会社)

 

○「歌舞伎町とかにある、手コキ専門店にいる女の子の気分になってた」と彼女は語っていました。手だけで満足できるって、性欲が薄くなっている男子なのか、彼女のハンドテクがすごかったのか……。

 

●その4:血で失神する男

 

人によって差はありますが、処女喪失のときは血が出てしまうもの。
彼は血が苦手で、献血はもちろん注射すら苦手だったらしく、それを目の当たりにしてぶっ倒れてしまった。数分間気を失っていた。
これまで処女と当たったことはなかったらしい。御年26歳、いい年なのだから、そこで倒れないでほしかった。
(26歳/家事手伝い)

 

○彼女によると、失神中びっくりするくらいアソコは元気を失って小さくなっていたのだとか。あわれ。

 

●その5:「AVでこうだったもん」と反論する男

 

残念なことに、「AVの動き=正しい」と思い込んで、すくすく育ってしまったんでしょう。速いピストンが痛いこともありますよね。私が「もっとやさしく動いてくれた方が、女子的には嬉しいんだよね」とやんわり注意しました。

ところが彼は「あなたテクないね」と技術を否定されたかのように受け取ったらしく、気分を害しました。
そして「AVでは速く動いてんじゃん」と反論してくる事態に。「あぁ、この人はなんてAV信仰者なのだろうか。かわいそう。矯正してあげないと!」と救いの手を差し伸べることにしました。一晩中かけて、彼の思い込みを解き、ゆっくりやさしく動いてくれる男に生まれ変わらせました。
(33歳/メーカー)

 

○AVで性の勉強をした経験の少なめな男子には、愛の再教育が必要ってことですね。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 安らぎor情熱|あなたが次にめぐりあう恋はどっち?
  • キスはもはや前戯だった!!男を悶々とさせるキスとは?
  • 「この子とは普通の恋愛が出来そう」と男性が思う瞬間とは?
  • 今まで「好きな人」と結ばれなかった原因
  • 【クリスマスまでに彼氏を作る戦略】キリスト教徒じゃないけど神に感謝!
  • 賢く関係を続けていくために!セフレにまつわる記事4選
  • 大好きだけどこれだけはムリ!彼氏と別れたくなった性の不一致
  • 発覚!モテる男性ほど最終的には安定した女性を選びたがる!