長く付き合えば、お互いに気心が知れているからこその心地よさが生まれてくるもの。彼氏に一緒にいるとラクだなと思ってもらうためには、どんなことに気を配るといいのでしょうか。そこで今回は、3年以上付き合っている彼女だからこその居心地の良さをご紹介します。

 

お互いの好みがわかっている

 

最初はやっぱり、あっちの店の方がよかったみたいな展開もあったが、今はまったく感じない。お互いの嗜好がわかっていれば、気楽に食事デートを楽しめるようです。手料理を振る舞う場合も、彼氏の好物を押さえておけば間違いないでしょう。

 

とくに会話をしなくてものほほんと過ごせる 

 

とにかくデートプランで頭を悩ませなくてもいいのがラク。など、肩の力を抜いて過ごせることも、彼氏の気持ちを軽くしているようです。無言でテレビをずっと見るようなデートができる相手の存在は、何物にも代えがたいのかもしれません。

 

言葉にしなくても、わかってもらえる 

 

深く知り尽くした仲だからこその「以心伝心」に価値を見出す人もいます。自分の気持ちをわかってもらうだけでなく、相手の心境を思いやる心を忘れないようにしましょう。
いかがでしょうか?
自分自身の経験であてはまるものはありましたか?
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

恋愛】の最新記事
  • 美人女性が選ぶ「B専」が好きな理由は?
  • あの頃の思い出を語る!学生時代の胸キュンエピソード6つ
  • 「月が綺麗ですね」意味不明な告白が愛の告白だったときに思うこと
  • 熟女派だという男性……実は少し年上の姉さんくらいまでしか許容していない?
  • むごい仕打ちを受けても恋人から離れられない心理的な理由とは?
  • リア充へのねたみ、そねみが招く恋愛の失敗談
  • それって本当の恋?「恋♡に恋する乙女」が幸せになれない理由
  • ムカつく男をだんだん好きになってしまった時の心の在り方