後悔先に立たずと言いますが、言わなきゃよかった、と口が滑ることは誰にでもありますよね。わかっているのに言ってしまった。そんなうっかり発言で彼との仲が冷えてしまったことのある女性は意外と多いのではないでしょうか? 人間、誰しも間違いはあります。でも、みんながどんなうっかり発言をして彼を怒らせてしまったのか見てみることにより、同じ轍を踏まないように心がけますよね! みんなのうっかり発言をまとめてみました。

 

身体的特徴にふれる

 

まず多かったのは「髪の毛、薄くなったんじゃない?」「最近太ったよね」という、身体的特徴に触れることで、彼のコンプレックスを刺激してしまったというパターンです。とくに髪の毛関係は後戻りできないくらい、彼を傷つけてしまうこともあって、言ってしまったら、素直にごめん! と謝りましょう。謝られるほうがキツイ、という意見もありますが、曖昧にして話題を変える方が後にしこりが残ることが多いようです。ここはさっぱりと謝って、そのあとで次の話題に移りましょう。

 

社会的地位にふれる

 

社会的地位に触れることによって彼をいい気持ちにさせることができたらいいのですが、その逆の場合だと、どうがんばっても彼の逆鱗に触れてしまう、なんてことも多々あります。「どうしてそんな仕事してるの?」「どうしてまだ主任にもなれないの?」等々、こちらからは普通の問いかけのつもりなのですが、彼をうっかり怒らせてしまうなんてこと、覚えはありませんか。男性は社会的地位に、こだわっていないようで実はすごくこだわっていますので、「今は本気出していないだけ」と切れながら説明するのはまだまし、怒ったようにずっと絡まれるかもしれません。

 

彼が「知らないこと」を馬鹿にする

 

また、それにも関わってくるのですが、男性は一般的に女性より優位に立ちたいものです。そこをうまく転がせてあげるかどうかで、学校生活のモテが大きく変わってきます。だから「これ知っている?」と聞かれたら、驚いてあげましょう。

 

「どうせ」と言わない

 

また、うっかり発言かどうかは難しいところですが、「どうせどうせ」など、自分を悪く言い過ぎるのも相手をイライラさせる原因になっているようです。聞いている方の気が重くなるのだとか。ネガティブなイメージの言葉を使うときは気をつけたほうがいいですね。

いかがですか? 男性に対してのうっかり発言、なるべくしないようにしたいですよね。

恋愛】の最新記事
  • 浮気症は職場が影響する?浮気しやすい男性の職業4選
  • 失恋を引きずり苦しんでいるあなたへ。忘れるための処方箋
  • やりすぎは注意! 男性が引いちゃう女性からのアプローチ
  • 不倫が本気の恋愛に!? 本当にあったやばい恋愛エピソード
  • 「きっとまた傷つくんだ…」過去の恋愛トラウマのせいで素直に恋できない人へ
  • 出会いから超高速で交際まで!男性に「一目ぼれ」を意識させる反則技!
  • マンネリを感じたことのある男性は半数以上!乗り越え方のコツ
  • 愛される女性は自立している!男性に好かれる真の「大人の女性」とは?