女性がバリバリ働くのも珍しくない現代。多くの女性たちが男性なんかより働いている時間が長いのも当たり前化しています。定時に上がれるなんて滅多にありませんし、休日もつい仕事のことを考えてしまうなんてよくあること。女性という生き物は「仕事の時の自分」と「プライベートの自分」を完璧使いわけることができるはずなんです。そのため、プライベートでは男をとっかえひっかえのビッチでも、仕事では人望も厚く昇給が決まっているなんて場合も珍しくありません。
女性は女優なんですね。
しかし、仕事がどんどん忙しくなるとこの線引きができなくなってしまい、ボーダーラインが見えなくなり、非モテの道にハマってしまうのです。
今回はその全貌を大調査! 当てはまったら要注意です。

 

とにかく時間にせっかち

 

友達と会っているときだろうがデート中だろうがとにかくせっかちになります。こうなると楽しい時間はあっという間に仕事風に。友人と共有する時間は決して業務ではないにもかかわらず時間やプランをシビアな気持ちで見てしまう。そうすると友達も息苦しさを感じてよくないですよ。

 

ビジネス言葉が出てしまう

 

ビジネス用語をプライベートでも口に出していたらもうそろそろレッドカード。カタカナの言葉使って話してしまったり、普段敬語で話しているせいか久しぶりにあった友達にも敬語。自分では普通につもりでも、プライベートでこのようなキーワードを聞くと、周りから驚かれると同時に仕事人間のレッテルを貼られてしまいます。

 

仕事辞められないんです女子

 

男性から見て、仕事が大好きで仕事を辞めたくないというオーラ全開の女性はやはりモテにはつながりません。男性にとって理想の女性像はなんだかんだ家庭的なのです。価値観が昔の時代よりもだいぶ変わった最近でも、理想は女性に家にいて欲しいという意見も多いですからね。
す。

あくまでもプライベートは思い通りにいかないからこそ楽しいと思えるように思考回路をチェンジして。仕事などのしがらみから離れ人生での唯一の特権を楽しんでほしいです。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

恋愛】の最新記事
  • 失恋を引きずり苦しんでいるあなたへ。忘れるための処方箋
  • やりすぎは注意! 男性が引いちゃう女性からのアプローチ
  • 不倫が本気の恋愛に!? 本当にあったやばい恋愛エピソード
  • 「きっとまた傷つくんだ…」過去の恋愛トラウマのせいで素直に恋できない人へ
  • 出会いから超高速で交際まで!男性に「一目ぼれ」を意識させる反則技!
  • マンネリを感じたことのある男性は半数以上!乗り越え方のコツ
  • 愛される女性は自立している!男性に好かれる真の「大人の女性」とは?
  • 4股で修羅場!? 穴があったら入りたい! 20代の「恋愛黒歴史」