筆者の周りにいる彼氏・旦那をもつ女性たちに、長く付き合うコツを聞いてみました。
 
すると、彼女たちは『エア恋愛』をしているのだとか。
 
『エア恋愛』とは、ターゲットの男性と妄想の中のみで恋愛を繰り広げることのことらしく、過去には『an・an』でも、“毎日ドキドキして楽しい”『エアときめき』という特集が組まれたことも。こちらでは彼氏がいない女性たちの例をあげていました。
 
賢い女性たちは『エア恋愛』をすることにより『リア恋愛(リアルの恋愛)』までも盛り上げている様子。
もはや社会現象にまでなりつつある『エア恋愛』、やみつきになった女子たちの例で分析してみましょう。
 

エア恋愛のメリットその1:心のリニューアル

 
彼氏に面倒くさがられるほどの連絡魔だったA子。はじめはかわいげのあったヤキモチも、だんだんとケンカの原因に……
 
そんなA子が行きついたのは、顔がタイプの新入社員クンとの『エア恋愛』でした。
「職場ですっかり公認のふたり」という脳内設定を作りつつ、新入社員クンを熱くサポート。
 
「完璧な書類だったよ、ありがとう」と、影で耳打ちされるという妄想が定番だとか。
 
今まで以上にハードな仕事をこなし、夜は早くに眠るようになったA子に、気づくとリア彼から毎日のようにおやすみコールが!
 
会社ではエア彼から若さとパワーをもらい、プライベートではリア彼の包容力と安心感に満たされる毎日だそうです。

エア恋愛のメリットその2:エッチのリニューアル

 
セックスのマンネリ化で悩んでいたB子。
 
そのほかはなんの問題もないし、「パーフェクトな男なんていないよ」というのが口癖。
 
そんなある日、フラッと立ち寄った居酒屋のマスターが渋かっこよかった! マスターは既婚者で、客に手をだすような男性ではありません。
 
しかし、リア彼とのセックス中に「目を閉じてマスターだと思うだけで、ウソみたいに感じちゃう」んだとか。「マスターのヒゲが渋いのよ〜」なんて言っていたけれど、リア彼が伸ばしたときは嫌がっていたはず……
 
彼氏に清潔感を求めるB子は、エア恋愛だからこそ冒険できるのだそう。
当然、なんだか感度のよくなった彼女とのセックスを、積極的に楽しむようになったリア彼……と、思わぬメリットがあったエピソードです。
 

エア恋愛のメリットその3:イメージのリニューアル

 
キレイ系で性格も申し分ないけれど、いわゆるつまらない女だったC子。
 
平日は夜10時に就寝し、休日は図書館に行くか愛犬とたわむれて過ごす。という、健全な生活を送っているC子が「ちょっと睡眠不足で」なんてめずらしいことを言っていました。
 
異変を感じた彼氏が「昨日の夜、なにしてた?」と聞いても、「いろいろ」と答えるだけ。
 
それが彼氏に刺激を与えたらしく、最近はデートの度に「離したくない」と抱きしめられるようになったとか。
 
そんなC子が夜な夜なふけっているのが、某韓流スターとのエア恋愛だということは、女子だけの秘密。なんとなく彼氏には隠したい趣味が、C子をミステリアスな女にリニューアルしたエピソードです。

『エア恋愛』のメリットはリニューアル

 
ひとりの人と一緒にいれば「信頼・愛情」と引き替えに「刺激・新鮮さ」を失うのは、永遠の悩みです。
 
しかし「刺激がなくなったから」といって、そのたびにせっかく積み上げた信頼を捨てていたら、一生ハンターとして生きていかなければなりません。
 
そんなとき、『エア恋愛』は「安らぎも新鮮さもどっちもほしい!」という、欲張りでクレバーな人種があみだした、究極の恋愛術だと言えるでしょう。
 
彼氏とマンネリ気味の女性は、ぜひ『エア恋愛』を試してみては?
ただし、浮気に発展して彼氏に捨てられないように、あくまでもエアにとどめておくようにご注意!
 
(yummy!編集部)
 
■「脳内彼氏」だけじゃない!妄想女子たちの素晴らしい世界5選
■モテない女性がモテるようになるためには
■幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
 

公開日:2012年2月18日
更新日:2019年12月19日


 

恋愛】の最新記事
  • 彼に気持ちを伝えられない……上手に想いを表現できるLINE術3つ
  • 気になる彼は草食系…女性からの攻めで男性をゲットする方法!
  • 彼を本気で好きになる前に確認したい「地雷男を避ける3つのチェック項目」とは?
  • ダメ恋愛のお手本を教えます。今思えばバカだった、恋に盲目だった私の赤裸々エピソード
  • 元カレの話はNG? 昔の恋バナで今の彼氏に嫌われてしまう理由
  • 最悪!友達に彼氏を奪われた! もう二度と起こさないための秘訣
  • 彼氏に喜んでもらいたい! 社会人のカレが絶対に気にいるプレゼント9選
  • なぜスグに別れちゃうの? 恋愛が長続きしない女の特徴