いわゆるティーンの頃も、20代前半の頃も恋愛をするのが生き甲斐で、恋愛で辛い事があってもなんだかんだ楽しかったし、恋愛こそがすべてだった。なのに、アラサーにさしかかる今日、恋愛に対してそんなにワクワクはしないし、冷静な自分がいる。一体この心境の変化は何なのでしょうか? 今回はこの変化についてリサーチしました。

 

1、 自己責任

 

社会人になってからは恋愛で何をしようが、どんな恋愛をしようが誰からも何も言われない。友達もそこまで言ってこないし、もちろん親にも鑑賞されません。不道徳なことをしようとすべて自己責任。それは生き方と同じでよく考えて行動しないと後で痛い目にあうので、昔よりは慎重になります。

 

2、 無理できない

 

昔は終電を逃してでも一緒にいることを優先していました。体力的にも余裕があり寝ないぐらいではビクともしなかった身体。しかし現在は飲めば翌日に響くし、やはり仕事のスケジュールを優先で考えてしまう。すべてに関して昔よりは余裕がなくなってきているのです。

 

3、 求めない

 

昔はとにかく恋人が欲しくてしょうがなかった。とにかく彼氏がいるのがあたりまえでがっついていた自分だった人も、アラサーともなると昔程求めなくなってきます。経済的にも豊かになり欲が満たされるのでそこに執着しなくなるのです。
いかがでしたか? なにかあてはまるものはありましたか? このような状態になってしまうのは少々危険なので、自分自身で恋愛のモチベーションをコントロールできるといいかもしれません。

pickup!
恋愛】の最新記事
  • 夢見すぎ? 高く持っていていい理想と、持ってはいけない理想とは?
  • 背徳感は、蜜の味? 背徳感いっぱいの恋愛経験
  • 好きだと勘違いされた!正直、困る勘違い男への対処法
  • 現役東大生ライターに聞く! 年下男子が夢中になる大人女子とは?
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選
  • 幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
  • 「優しい」とはちょっと違う。女性から見た本当の男性の優しさ
  • 彼氏から「距離を置きたい」と言われた。正しい対処と思考方法