いわゆるティーンの頃も、20代前半の頃も恋愛をするのが生き甲斐で、恋愛で辛い事があってもなんだかんだ楽しかったし、恋愛こそがすべてだった。なのに、アラサーにさしかかる今日、恋愛に対してそんなにワクワクはしないし、冷静な自分がいる。一体この心境の変化は何なのでしょうか? 今回はこの変化についてリサーチしました。

 

1、 自己責任

 

社会人になってからは恋愛で何をしようが、どんな恋愛をしようが誰からも何も言われない。友達もそこまで言ってこないし、もちろん親にも鑑賞されません。不道徳なことをしようとすべて自己責任。それは生き方と同じでよく考えて行動しないと後で痛い目にあうので、昔よりは慎重になります。

 

2、 無理できない

 

昔は終電を逃してでも一緒にいることを優先していました。体力的にも余裕があり寝ないぐらいではビクともしなかった身体。しかし現在は飲めば翌日に響くし、やはり仕事のスケジュールを優先で考えてしまう。すべてに関して昔よりは余裕がなくなってきているのです。

 

3、 求めない

 

昔はとにかく恋人が欲しくてしょうがなかった。とにかく彼氏がいるのがあたりまえでがっついていた自分だった人も、アラサーともなると昔程求めなくなってきます。経済的にも豊かになり欲が満たされるのでそこに執着しなくなるのです。
いかがでしたか? なにかあてはまるものはありましたか? このような状態になってしまうのは少々危険なので、自分自身で恋愛のモチベーションをコントロールできるといいかもしれません。

恋愛】の最新記事
  • カウンセラーが教える恋愛心理学|話すときの体の向きでわかる脈あり脈なし?
  • 「会えない時間が愛を育てる」は真実なの?
  • 恋愛における出会いの第一印象で信じていいのはどこ?
  • 2022年は重荷を捨てて……年末年始に恋の断捨離をおすすめする理由とは?
  • 12星座別|2022年上半期の恋愛運ランキング!
  • 「レベルの高い恋愛、レベルの低い恋愛」ってあるの?
  • 大人になっても結婚しても恋愛が大切な【10の理由】
  • 男性がハマる女性の一瞬の笑顔「俺にだけ見せてくれている」と錯覚させるシチュエーションとは?