いわゆるティーンの頃も、20代前半の頃も恋愛をするのが生き甲斐で、恋愛で辛い事があってもなんだかんだ楽しかったし、恋愛こそがすべてだった。なのに、アラサーにさしかかる今日、恋愛に対してそんなにワクワクはしないし、冷静な自分がいる。一体この心境の変化は何なのでしょうか? 今回はこの変化についてリサーチしました。

 

1、 自己責任

 

社会人になってからは恋愛で何をしようが、どんな恋愛をしようが誰からも何も言われない。友達もそこまで言ってこないし、もちろん親にも鑑賞されません。不道徳なことをしようとすべて自己責任。それは生き方と同じでよく考えて行動しないと後で痛い目にあうので、昔よりは慎重になります。

 

2、 無理できない

 

昔は終電を逃してでも一緒にいることを優先していました。体力的にも余裕があり寝ないぐらいではビクともしなかった身体。しかし現在は飲めば翌日に響くし、やはり仕事のスケジュールを優先で考えてしまう。すべてに関して昔よりは余裕がなくなってきているのです。

 

3、 求めない

 

昔はとにかく恋人が欲しくてしょうがなかった。とにかく彼氏がいるのがあたりまえでがっついていた自分だった人も、アラサーともなると昔程求めなくなってきます。経済的にも豊かになり欲が満たされるのでそこに執着しなくなるのです。
いかがでしたか? なにかあてはまるものはありましたか? このような状態になってしまうのは少々危険なので、自分自身で恋愛のモチベーションをコントロールできるといいかもしれません。

恋愛】の最新記事
  • 男性の7割がエッチしたくなる「秘密のスイッチ」?
    男性の7割がエッチしたくなる「秘密のスイッチ」とは?
  • 付き合う前に「ホテルに誘う男性」に流されないための心得3箇条
  • 好きな人に告白してはいけない? 脈ナシ男性を振り向かせる秘訣
  • 浮気、ヒモ、DV…ダメ男にはまった女性が陥る「不幸志向症」
  • 告白文化はレア?欧米ではスタンダードな「デーティング期間」
  • 容姿?性格?価値観?恋人に対してもっとも重視するべき要素TOP3
  • 一筋縄でいかない恋にハマる! AB型女子の隠れたセックス観
  • 「好きやねん!」大阪府民の恋愛傾向と相性を徹底解説!