薄々感づいてはいましたが、やはり「美人=モテ」ではないのです。美人ではないのに、なぜかモテるそこそこの容姿の女の子達がいることに、あなたも私も気づいてはいましたよね? そう、男性ウケと女性目線からみた「かわいい」は違うのです。そこで、美人ではないのになぜかモテる女の子たちの「秘密」に迫ってみました。

 

1.100点の美人でなくてもいい

 

仮に100点の美人がいたとしたら、そんな美人に手を出そうとするのはよっぽど自分に自信のある男性か、断られる勇気を持っている男性でしょう。世の中の大半の男性はそれほど自分に自信がなく、また傷つく勇気も持っていません。ですので、60点や70点のそこそこの女の子達がモテるという構図になっているのです。「でも、私はそこそこなのにモテないわ」という人は、もう少しだけ努力が必要なのかもしれません。男性目線でのモテに至る努力が。

 

2.そこそこ手の届きやすい「かわいい女の子」

 

そこそこの女の子なら誰でもモテるわけではないのです。そこそこ手の届きやすい、「かわいい女の子」であることが重要なのです。でもこれは100点じゃなくてもいい。つまり、「かわいい感じ」に見えたらいい、それだけの話なのです。どんなに顔立ちが整っていてもボーイッシュな格好をしていたら、それほどでもないコンサバ女子に負けるのが「かわいい感じ」のモテなのです。

 

3.わかりやすいかわいらしさ=モテる

 

つまり、男性の考えるモテは、「わかりやすさ」なのです。モードはこの際必要ありません。最大公約数でありながら、100点でもない、という絶妙のさじ加減が彼らの求めるものなのです。でもこのさじ加減、そう難しいものではありません。ちょっとだけ意識すれば作ることができます。

 

4.パーツの美しさは関係ない

 

爪や目の大きさなど、パーツが美しいことは大事ですが、全てではありません。そもそもそこまで近寄る関係になればそれはかなり深い仲です。モテるためにはパーツではなく、もう少し距離を置いたところからの「バランス」を気にしましょう。そこで美人ぽく見えれば、もうそれはモテると言って過言ではありません。姿勢と女らしく見える服、シルエットなどを研究しましょう。女子アナがモテるのはそういうわけなのです。

 

5.髪は結構重要

 

細かいパーツはそれほど重要ではありませんが、髪の美しさだけは別です。髪は綺麗にお手入れしてサラサラツヤツヤツヤにしてください。遠くからでもわかるモテポイントです。

いかがですか? 全体を客観視することができれば、モテを作ることはそう難しくありません。挑戦してみてください!
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 年下の彼と揺れた恋騒動【決め手になったあの一言】
  • ラインに返事がないときの対処法……なんてググっちゃダメだって!
  • 片思いで悩んでる人必見!恋愛を成就させるマル秘テク
  • 「もしやバレる……?」秘密の社内恋愛中に男性がヒヤリとした瞬間  
  • 「年下すぎる彼女」にドン引き? 年の差カップルが気持ち悪い理由を解明
  • 人生損してない?上手に甘えられないアラサー女の特徴と改善方法
  • 男が恋に落ちる瞬間と冷める瞬間とは?イケメンのガチ恋愛トーク
  • 男が「これはイケる!」と思う女のサイン9選
あなたへのおすすめ