最近のアラサー女性は、何度も結婚&離婚を繰り返す“再婚女”と、まったく結婚する気配のない“未婚女”が増え、二極化の傾向にあるようです。

 

大切なのはバランス感覚

 

どちらのパターンにも共通しているのが“子作り”が下手だということ。
幸せな家族計画のためにも、両者の考え方や行動を分析してみましょう。

やたらと結婚と離婚を繰り返す“再婚女”が増えている一方、とうに適齢期を過ぎているのに結婚する気のない“未婚女”も増加しています。

自分への投資、趣味などに時間も費やして、子どもを抱く喜びを知らないまま老いていく……、このパターンもまた子作りが下手な女性です。

どうやら、アラサー、アラフォー世代の女性は、“再婚女”と“未婚女”に二極化しているようです。

子育てという点から見ても、この格差はあまり良いとは言えません。
やはり、子どもに充分な教育を受けさせるためにも、産む人数は経済力とのバランスを見て決めたいものです。

子だくさんと子無し、どちらにも偏らないようにするため、彼女たちの行動パターンを分析してみましょう。
以下項目で自身が“再婚女”か“未婚女”か、傾向を知ることができます。あなたはいくつ当てはまりますか?

【再婚女の日常】
●安ければ必要のないモノもついつい買い込んで、食材などを腐らせてしまう。
●好き嫌いなく、なんでも美味しそうに食べる。質より量なので、バイキングが好き。
●だれとでもすぐに打ち解けて、びっくりするぐらいオープンに自分のことを話せる。

【未婚女の日常】
●計画的に、今晩使う食材だけを吟味して買い物をする。
●好き嫌いがはげしく、食べられないものが多くある。量より質で、オシャレカフェが好き。
●人あたりは良いが、世間体や周りの目が気になり、あまり本心を見せない。

【再婚女の恋愛】
●軽いナンパの言葉でも素直に喜び、あまりタイプでない男性でもその気になる。
●合コンなどで出会った男性と、その日に即SEXまで行ってしまう。
●恋愛体質で、すぐに一目ぼれをするが、熱しやすく冷めやすいので、交際期間が短い。

【未婚女の恋愛】
●好意をもっている男性なのに、あえて気のないそぶりを見せて、駆け引きをしたりする。
●いきなり名前で呼ばれたりするのが嫌いで、初対面では絶対お持ち帰りさせない。
●一途なところがあり、一人の男性との交際期間が長い。

このように比較してみると“再婚女”は、あまり自分へのこだわりがないゆえに、人の意見に合わせたり、流されたりしながら、「あけっぴろげに」考え行動しているように思われます。

いっぽう“未婚女”は、良くも悪くも自分スタイルを貫いているがために、男性に対しての射程範囲が狭く、「お堅い」印象を感じます。

あなたの当てはまった項目は、どちらか一方に偏っていませんか?

●自分は“再婚女”だと思った方へ
簡単に周りに流されず、一呼吸おいてから行動を起こすこと。

●自分は“未婚女”だと思った方へ
失敗を恐れず、挑戦する勇気を持つこと。

大切なのは、どちらにも偏りすぎないバランス感覚です。

過ぎたるは及ばざるが如し。
分別過ぐれば愚に返る。

大家族も独身も、当人が幸せなら悪いことではありません。
しかし、どちらも大きなリスクをともなうものです。
産まれてくる子どものためにも、家族計画はしっかりと立て、幸せな家庭を築きたいものですね。

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by JAIME Y SU MUNDO

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 片思いで悩んでる人必見!恋愛を成就させるマル秘テク
  • 年下の彼と揺れた恋騒動【決め手になったあの一言】
  • ラインに返事がないときの対処法……なんてググっちゃダメだって!
  • 「もしやバレる……?」秘密の社内恋愛中に男性がヒヤリとした瞬間  
  • 「年下すぎる彼女」にドン引き? 年の差カップルが気持ち悪い理由を解明
  • 人生損してない?上手に甘えられないアラサー女の特徴と改善方法
  • 男が恋に落ちる瞬間と冷める瞬間とは?イケメンのガチ恋愛トーク
  • 男が「これはイケる!」と思う女のサイン9選
あなたへのおすすめ