恋愛テクニックといえば“駆け引き”が必要だとよくいわれていましたよね。
たとえば、LINEの返事をあえて遅くする、デートに誘われても最初は断る、など。
これらのテクニックも、有効な場合もあると思います。

しかし、こういった駆け引きをしていたことで、好きな男性がいつの間にか他の女性と付き合っていた⋯⋯なんていう、悲しい経験をされた女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、駆け引きよりも即効性を重視し、なおかつガツガツしていると好きな男性に思われない恋愛テクニックをお伝えします。

即効性を重視するなら、まずはLINEにこだわりすぎない!


LINEのやり取りで好きな男性と親しくなろうとしたり、デートに誘ったりすることは多いと思います。
LINEでアプローチをするということは、長期戦を狙っている場合や、遠距離の場合は有効ですが、直接会うことができる機会のある相手の場合は、即効性があるとはいえません。
会話をして盛り上がったときに、LINEで盛り上がるよりも、直接盛り上がったほうが、お互いにとって、より楽しい時間になるものではないでしょうか?
LINEでは盛り上がるのに、直接会ってもそっけない態度をとってしまう⋯⋯これでは、関係が進展しにくくなってしまいます。

まずは恥ずかしさを捨てて、好きな男性にはおもいきって直接アプローチをするようにしましょう。

直接アプローチをするときに、ガツガツしないためには


かといって、直接会ったときに毎回「あなたのことが大好きなんです」とアプローチをしてしまっていたら、ちょっと重たいし、ガツガツしていますよね。
必ずしも言葉で「大好き」とまでは言っていないとしても、会う度に遊びに誘っていたり、テンションが上がりすぎてしまっていたり⋯⋯という態度をすることで、男性からは“重たい”、“ガツガツしている”と認識されてしまうこともあります。

お互いの気持ちに温度差があるうちは、自分の気持ちを出しすぎることは控えましょう。

アプローチをするなら、お互いの共通点を狙おう!


たとえば、直接会話したときに、もし好きな男性が「俺、○○(アーティストなど)が大好きなんだよね」といった発言をしたとき。
もし女性側も、そのアーティストが好きなのであれば、デートを実現させるための大チャンスです。
お互いが好きなアーティストなのであれば「なら、今度のライブに一緒に行かない?」となるのは、ごく自然な流れではないでしょうか。

これは、アーティストにかぎった話ではありません。
共通して好きな料理があるなら「オススメのお店があるから、そこに行かない?」のように誘ってみるのもいいでしょう。
価値観が一致していると親しくなりやすいといいますが、好きなものが共通していると、仲良くなりやすいものですよね。
どんな人のことを好きになったとしても、相手と共通点が一つもない、という人のほうが珍しいはず。
好きな男性にアプローチをするときは、まずは共通点を探すことからはじめましょう。

まとめ


共通して好きなものがあるのであれば、デートに誘うことも自然な流れにできますよね。
その共通点を見つけるには、LINEよりも直接会話したほうが見つけやすいと思います。
LINEで『○○は好きですか? じゃあ○○は? ○○もですか?』と質問を多く送るよりも、直接話したほうがスムーズですし、ガツガツしていると男性側にも思われにくいのではないでしょうか。

好きな男性とどうやったら仲良くなれるのか分からない、という読者の方は、共通点を探すことをまずは一つの恋愛テクニックとして使ってみてくださいね。

(yummy!編集部)

■恋愛においては不利? マジメ女子が犯しがちなミス
■恋愛占い|愛され女子になりたい!あなたがモテるために必要な要素
■「モテテク」は必要? モテテクニックを使うメリット・デメリット

恋愛テクニック】の最新記事
  • 男性との距離を縮める禁じ手「キス」の奪い方7選
  • 好きじゃない人から告白されるのは卒業! 本命の彼だけに好かれる方法
  • ナンパされたときの「粋なお返事」5選
  • 男性をその気にさせる♡ちょっとエッチなオノマトペ10選
  • 社内の気になる彼を落としたい! ライバルと差を付けるテクニックをご紹介!
  • やっぱりおっぱい? 男性にきいた「グッとくる露出部位」ベスト5
  • 恋する女子の必須テクニック、恋愛の魔法「ギャップ」を演出する方法
  • それは男性の好きアピール! 男性が気になる女性にとる行動