一部の白人男性から、「日本人の女性は軽い」「簡単にセックスできる」と思われていることをご存じでしょうか。モテない外国人男性にとって、日本人はまさに天国。私の友人であるスウェーデン人のG(29歳・プログラマー)も「日本でデート相手を見つけるのは驚くほど簡単」と日本人女性をなめきっています。

そんなGですが、日本人女性が大好きで、将来日本人と結婚したいとまで考えています。デート相手・セックスする相手には不自由しませんが、なかなか思い通りの女性に出会えません。そんな状況を打破するために取った行動は、ナンパ塾への参加でした。

今回は、Gから聞いた外国人男性向けのナンパ塾の実態についてご紹介します。

日本人女性を狙う外国人向けナンパ塾の実態1 値段と参加者


ナンパ塾の値段は、2日で15万円。参加者は20代から40代の5人の外国人でした。講師はふたりで、20代から30代前半と思われるチャラいアメリカ人男性です。
15万×5人=75万を土日にナンパで稼ぐとは、かなりのやり手であることが伺えます。


日本人女性を狙う外国人向けナンパ塾の実態2 何が学べるか


ナンパ塾で学べるのは、実践で使えるナンパテクニックです。
服装はどのようなものを着るべきか、どのように声をかけるのか、連絡先の聞き出し方はどのようにすればいいか、即日ベッドインするための口説き方、などをまとめた冊子を事前に渡され、2日間にわたって、都内某所でナンパの特訓を行います。

Gいわく、2日間の実践講座で、5人全員、数人の女性から連絡先を聞き出すことに成功したといいます。

日本人女性を狙う外国人向けナンパ塾の実態3 効果はあるのか


Gはナンパ塾で習ったテクニックを使って、これまで以上にナンパにはげみ、50パーセントくらいの高打率で女性の連絡先を聞き出すか、お持ち帰りできるようになったといいます。

「かなりの確率でナンパが成功するようになったから、15万は高くなかった」とGは語ります。

ただ、当初の目的だった「結婚を考えられるような理想の女性」との出会いはまだないようです。


さいごに


正直、Gから話を聞いた時、「ウソでしょ!?」と思いました。ナンパ塾に15万もつぎ込む人がいることも驚きましたし(もっと高額なコースもあるとのことでした)、実際に実地で使える技術が2日で身につくなんて驚きでした。

ナンパ塾でナンパテクニックを磨くことは何の問題もありませんが、私がひっかかったのは、外国人男性から日本人女性が「軽い」と軽視されがちな現状です。

彼らは、中身はスカスカだったりチャラかったりするわけですが、見た目は8頭身でブロンド・ブルーアイです。身長が高いので、ぱっと見かっこよく見えます。だからといって、手軽に身につけたナンパテクにほいほいひっかかって、日本女性が軽いという価値観を世界中にばらまいてもよいのでしょうか?

外国人男性からナンパされたら、それは運命だからではなく、「軽くひっかけてやろう」としか考えられていない場合もあります。

彼らが悪いといっているわけではありません。Gも真剣に付き合える相手を本当に探しているといいます。ですが、「軽い女性が多いから、どうしても軽い付き合いになる」とも言っていました。

軽く扱われたくないなら、軽い誘いには乗らない方がよいでしょう。

(今来 今/ライター)

■10万円のナンパ塾って効果あるの? 参加者はどんな人?
■出会い占い|今のあなたに良縁を引き寄せてくれるのは誰?
■ナンパ塾のテキスト「最初のデートでセックスする方法」が笑える

関連キーワード
恋愛テクニック】の最新記事
  • 取り返しのつかないオタクだけど普通の恋愛したい
  • 恋愛童貞くんをさりげなくリード!恋へと導く方法3選
  • まだ間に合う? 取り返しのつかない喪女だけど恋愛したい
  • 【長続きLINE VS 事務連絡LINE】恋愛がうまくいくのはどっち?
  • 「LINE不精」の女性が、好きな人にかわいいLINEを送る方法!
  • もう我慢はイヤ! 好きな人から追いかけられるテクニック
  • 無理のないギャップで落とす! 男性がグッとくるテクニック4つ!
  • どうしても彼のハートをゲットしたい!高望みの彼を射止めるとっておきの方法