こんにちは、沙木貴咲です。恋にまつわるLINEの話というと、男性はマメじゃないから連投してはいけないとか、自撮り写真を送り付けるとドン引きされるなど、いろいろあります。

ですが、本当に刺さるのは、その人のタイプに合った方法です。

 

「男性だから」と一括りにするには、現代の男性たちは多種多様になりすぎているんです。

 

今回は、男性のビジネススタイル別に、どういうLINEが刺さるのかを見ていきましょう。

 

とにかく忙しい! ホリエモンタイプ

 

堀江貴文さんのお名前を拝借してしまいましたが、2030代でも会社役員を務めたり、起業したりする男性はたくさんいます。

そこまでいかなくても、職場で主要なポストに就き、責任の重い案件を複数抱えている男性は、聡明でパワフルで女性にもモテるものです。

 

ただ、仕事ができる男性は「長いLINE」が苦手。

仕事ができるということは、つまり忙しいという意味なので、ビジネスメールですら簡潔にパッパッと片づけていきたいと思っているのです。

 

そのため、用件がハッキリしなくて、ムダに長いメッセージは、そもそも読まれないかもしれません。

内容のない日記のようなメッセージや、気を遣いすぎて前置きや挨拶文が多いメッセージも、このタイプは受け付けないでしょう。

 

仕事が忙しい男性にとって、時間はお金よりも貴重なもの。

パッと見てすぐに用件がわかる文面が、好まれるようです。

 

関連キーワード
恋愛テクニック】の最新記事
  • 男性からのボディタッチは好意? 積極的な男の心理
  • どんな男も確実に落ちる? 逆ナンを成功させる方法とは
  • 参加者に聞いた。日本人女性を狙う外国人向けナンパ塾の実態
  • 思いやりが大切?甘え上手とわがままの決定的な違い
  • 恋愛テクニック占い|男性を虜にするあなたの「小悪魔な顔」とは?
  • 男は単純?高い確率で返信が来る誘い方
  • 【20代のモテテク】若さ以外の魅力とは?
  • お酒の席で男が萌えるモテ女の「カワイイ飲み方」