なんだかんだ言っても、男は美人に弱い。

 

本物の美女を目指して

 

「より優秀な子孫を残したい」という人間の生き物としての本能であり、私たち女性も、やはりイケメン男性には弱いですよね。しかし、人間の“本物の魅力”は決して見た目ではありません。ルックスで勝負しても勝てない相手が恋のライバルになったとき、どう動けば勝利を手にすることができるのでしょうか?

■無愛想な美人よりも、ほがらかな地味子のほうがモテる

 美人は得です。なんの努力も必要とせず、周囲からちやほやされてしまうのですから。しかし! その立場にあぐらをかいて、親切にされてもニコリともしなければどうでしょうか? 最初はちやほやしていた男性も「この女、何様のつもりだ?」と鼻白んで次第に遠ざかっていくでしょう。

 その点、愛想のいい地味子は違います。何かしてもらったら「ありがとう!」。具合が悪そうなら「大丈夫?」。ケンカになっても、ちゃんと「ごめんなさい。私も悪かったわ」と言えるので、男性に好かれるのです。はじめは美人のほうに気持ちが傾いていた彼も、気が付いたときには地味子を「かわいい」と思い始めています。

■男性は、意外とダサい子が好き

 テレビを見ても、ファッション雑誌をめくってみても、地味の「じ」もない華やかな美女たちばかり。「もてる女になるには、ここまでキレイにならなくてはいけないのか……」とため息をついたことありませんか?

 でも、心配ご無用。確かにそうした華やか美女は同性から熱い支持を受け「なりたい女性ランキング」の常連ではありますが、男性からの人気も同じように高いかというと決してそうではないのです。

 試しに、男性目線の人気ランキングを見てみてください。完璧なメイクやファッションのタレントよりも「どうしてこの子がそんなに人気者なの?」と首をかしげてしまうような地味目の女性のほうが多く選ばれていることに気が付くはずです。

 モテるためには、華やかな“美”よりも清潔感のほうが大事。それに、ちょっとダサいくらいのほうが男性は安心するようですよ。

■一緒にいて安らげるから男が離さない

 派手な美人は連れて歩くには自慢の彼女でも、ちやほやされて当たり前という態度に男性が疲れてしまうパターンが多いもの。それもそうですよね。いつも一方的に恋人の機嫌をとらなくてはいけないなんて悲しすぎます。

 一方、地味子は外見で勝負できない分、内面を磨いています。相手の気持ちを思いやることができるので「一緒にいると落ち着く」と男性が離さないのです。だから、地味子は彼氏が途切れないし、結婚も早いケースが多いのですね。

 華やかな美人に同じ土俵で対抗する必要なんてありません。男性が求めているのは「清潔感」と「安心感」。この2つさえクリアしていれば、容姿が地味でもじゅうぶんに恋愛バトルに勝ちぬくことができるのです。内面を磨くには、たくさんの人と触れ合ったり、本を読んだりして人間心理を知ること。いつでも他人を思いやれる、本物の美女を目指しましょう!

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by plasticboystudio_PhotoJUNKY (改変 gatag.net)

恋愛テクニック】の最新記事
  • 男性を一瞬でその気にさせる!秘密の誘惑方法とは?
  • 脈ナシから脈アリに!“実際にあった”恋のライバルのテクニック
  • 「自然に仲良くなって恋仲に」なんて夢!男性と話す訓練を積もう
  • モテ女に聞いた!しつこい男性の誘いを傷つけずにやんわりと断る術
  • これって脈アリ?男性からのLINEスタンプの見極め方
  • 男性との距離を縮める禁じ手「キス」の奪い方7選
  • あなたはどっち? 男性にモテる女・嫌がられる女
  • 好きじゃない人から告白されるのは卒業! 本命の彼だけに好かれる方法