決して恋をしたくないわけじゃないのに、なぜかどんな男性を見てもときめかない。そんなときってありますよね。

 

勇気を出して踏み出して

 

 こんなときは「今は新しい恋の準備期間なのだ」と捉えて自分磨きに集中しましょう。でも、どうして好きな人ができないのでしょうか? その原因を探ってみました。

■出会いがない

アラサー世代になると、同期や年の近い男性も次々に結婚して、恋愛対象になる人が少なくなります。年上は不倫のドロドロにはまる危険性があるし、年下はなんとなく頼りない。その上、これといった趣味もなく、毎日が職場と家の往復だけ……という生活をしていれば、出会いがないのも当然です。

思いきって興味のある習い事を始めてみるなど、生活パターンを変えてみてはいかがでしょうか?

■一歩引いた目線で観察してしまう

恋愛経験が多くなるにつれて、だんだんと男性を見る目が養われてきます。10代~20代前半の頃はちょっとぐらい危険な男性でも勢いで好きになれたのに、アラサーになると結婚も視野に入れて考えるので選択肢が狭まり、恋愛対象になる男性の数が減るのです。

しかし、どんなにすてきな男性でも、結婚してしばらくたてば嫌なところが目につくようになるもの。ギャンブル好きや浮気性などよほど問題のある人でなければ、お付き合いしながらいいところを探していくつもりで踏み込んでみるのもいいかもしれませんよ。

■疲れきっている

仕事のハードルが上がり、忙しくなるアラサー世代。毎日の残業や接待、出張などをこなすのに精いっぱいで「恋愛どころじゃない!」という人も多いのではないでしょうか? 無理に恋人をつくる必要はありませんが、好きな人ができると毎日が楽しくなり、仕事を頑張るパワーもわいてきます。普段仕事仲間としてしか意識していなかった周囲の男性にも、少し目を向けてみませんか? 意外と、すぐ近くに運命の相手が待っているかもしれません。

■恋愛にトラウマがある

「2股(また)をかけられた挙げ句、捨てられた」「暴力をふるわれたことがある」など、過去に付き合った男性にひどいことをされてきた場合、「男性は怖い」「もう恋愛はこりごり」とトラウマになってしまうことがあります。なかには、男性に見切りをつけて同性愛に走る女性も。

しかし、世の中には決して女性を傷つけない優しい男性もたくさんいます。傷が癒えていないのに無理をする必要はありませんが、もし自分を好きになってくれる男性が現れたら、勇気を出して飛び込んでみるのもいいのではないでしょうか? 

人によって好きな人ができない原因はさまざま。しかし、ほんの少し勇気を出して踏み出してみれば、思わぬところに運命の相手が待っているかもしれません。恋愛は単調な毎日に彩りを添えてくれるスパイス。恋にドキドキするあのときめきを、ぜひもう一度取り戻してみてください。Written by Gow! Magazine編集部
Photo by 采采蠅

恋愛テクニック】の最新記事
  • 「彼から本気で愛されるために」今出来ること
  • 男性との距離を縮める禁じ手「キス」の奪い方5選
  • 彼の心をつかみたい時、五感のどこを刺激すればいい?アピールすべきポイントは?
  • どんな苦しい恋も叶える!「この恋を叶えるために必要なもの」
  • 彼氏が途切れないモテ女になる秘訣3
  • いい女ほど褒め上手! 男をその気にさせる快感ワード
  • 「自然に仲良くなって恋仲に」なんて夢!男性と話す訓練を積もう
  • あざとさゼロ!気になる彼をさりげなく「自宅に招く」フレーズ
あなたへのおすすめ