ちまたにあふれる数々のモテテク。もちろん恋愛において効果的なのですが、気になる男性との間柄をより早く、確実に進展させていくためには、恋愛心理学を取り入れていくのが効果的。
今回は、恋愛心理学を利用してドキドキを演出することで、彼との距離を一気に縮める方法をご紹介します。
 

気になる相手にまず使いたい恋愛心理学

 

恋愛心理学では、まず相手に好意をもってもらうために、単純接触の原理などを利用していきます。
これは、単純に会う回数を重ねることで、だんだんと好意を抱くようになるというものです。ただあいさつを交わすだけであっても、毎日顔を見ていることで、自然とその人のことが好きになっていくのです。
 
ただし、ここで言う「好き」は恋愛の好きであるとはかぎりません。親近感にも近い「好き」と言えます。

ドキドキを演出する恋愛心理学1. 秘密の共有

 

ただの「親近感」では、彼と恋愛関係にはなれません。そこで取り入れたいのが、ドキドキを感じさせる恋愛心理学です。
まず試したいのが「秘密の共有」です。『これは2人だけの秘密だ』と思うことがあると、それまで意識していなかった相手でもなんとなくグッと距離が縮まったような気がして、ドキドキとしてしまう、というものです。
 
たとえばお土産のお菓子を渡したときに「これ、1つしかないので他の人には内緒ですよ」などは使いやすいでしょう。秘密の内容自体はそれほど問題ではなく、2人だけが知っている秘密がある、ということが大切なのです。
 
秘密の共有がドキドキ感を強く感じさせるというのは、浮気や不倫が盛り上がるということからも説明できます。他の誰にも話せない秘密の関係だからこそ、余計にドキドキ感が増して、相手のことを好きだと思い込んでしまうのです。
 
浮気や不倫などのように重たい秘密でなくても、ちょっとした秘密で十分。ドキドキを感じさせられれば、一歩前進です。
 

ドキドキを演出する恋愛心理学2. つり橋効果

 

次に取り入れたい恋愛心理学が「つり橋効果」です。つり橋を渡っているときには、緊張から心拍数が上がってドキドキするものですが、そのときに異性がいると、緊張のドキドキを恋のドキドキと勘違いしてしまい、恋愛関係に発展しやすくなるのです。
 
そのため、気になる男性がいる場合には、一緒に遊園地で絶叫マシンに乗ったりオバケ屋敷に入ったりすると効果的。一緒にドキドキする体験をして、恋のときめきと勘違いさせちゃいましょう。

おわりに

 

恋愛心理学を利用することで、ドキドキ感を演出することができます。
恋愛をして好きな相手と一緒にいるときにはドキドキするものですが、人は恋愛のドキドキと緊張などによるドキドキを厳密に区別することが実は苦手なのです。そのため、ドキドキを感じたときに一緒にいる相手を好きなのだと思い込んでしまうのです。
 
このはたらきを上手に利用することができれば、難しいモテテクを駆使しなくても気になる彼との距離をぐっと縮めることができるでしょう。
さっそく明日から試していきましょう!
 
(yummy!編集部)
 
■心理学の「原因帰属理論」を使えば、結婚できない理由がわかる!
■男はココを見てる!恋愛心理学による“結婚したくなる女性”とは
■駆け引きよりも即効性!ガツガツしすぎない恋愛テクニックとは?
 

恋愛テクニック】の最新記事
  • 見逃してない? 男の好きアピールはこんなにある!
  • イチかバチか! フラれそうな相手に仕かける「最後の手段」
  • 恋愛童貞くんをさりげなくリード!恋へと導く方法3選
  • 燃え上がる恋は短命!恋愛初期に盛り上がりすぎるとうまくいかない?
  • 無理のないギャップで落とす! 男性がグッとくるテクニック4つ!
  • もう我慢はイヤ! 好きな人から追いかけられるテクニック
  • 出会いから恋愛に発展させる人がしていることとは?
  • どうしても彼のハートをゲットしたい!高望みの彼を射止めるとっておきの方法