自称・他称問わず「自分はエリート」だということを意識している男性。そんなエリートぶっている男性の態度に、手を焼いている女性は少なくありません。こうした男性に出会ったら、とりあえず自尊心をくすぐるような言葉をかけて、様子を見てみましょう。今回は、この手の男性と円滑にコミュニケーションをはかり、エリートぶってる男性の自尊心をくすぐる一言をご紹介します。

 

5割増ぐらいで賞賛する

 

エリートぶってる男性は、普段から「すごーい!」と言われ慣れているので、いまさら出身校や職業を賞賛されても「別に」という顔をするかもしれませんが、まずは挨拶かたがた「わたしはあなたをエリートだと理解しています」という態度を示しましょう。ひとつの社交辞令です。そこでベラベラと経歴自慢が始まるような男性なら、「大人げないなあ」と適当に聞き流しましょう。

 

体を気遣う優しさをみせる

 

エリートぶってる男性は、自分の職業や立場にプライドを持ち、それゆえ、非常に仕事熱心であることが多いものです。連日のハードワークで疲れ気味だったり、体に不調を抱えていたり。そんな彼らに、とりあえずいたわりの言葉をかけてみてはいかがでしょう。こうした気遣いに、素直に「ありがとう。」と答えてくれるような男性なら、悪い人ではなさそうです。

 

すごいですねの一点盛り

 

エリートぶってる男性の仕事自慢は、ありがちな自己顕示ですが、褒めてほしいからわざわざ女性に聞かせているのです。こういうときには、とりあえず最後まで話を聞いてあげましょう。そしてとにかく、一言目には「すごいですねー。」と返すこと。「聞き上手」こそが、会話を制するための近道なのです。
いかがでしたか?
このような男性は、意外と多いもの。
バカだなというささやかな目で軽くあしらってあげてください。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

関連キーワード
恋愛テクニック】の最新記事
  • 人の男を奪うのが趣味? 小悪魔女子の特徴まとめ
  • 男性からのボディタッチは好意? 積極的な男の心理
  • どんな男も確実に落ちる? 逆ナンを成功させる方法とは
  • 参加者に聞いた。日本人女性を狙う外国人向けナンパ塾の実態
  • 思いやりが大切?甘え上手とわがままの決定的な違い
  • 男は単純?高い確率で返信が来る誘い方
  • 【20代のモテテク】若さ以外の魅力とは?
  • お酒の席で男が萌えるモテ女の「カワイイ飲み方」