恋愛依存という言葉を聞いたことはありますか?恋愛依存とはその名の通り、恋愛に依存してしまうこと。
恋愛依存になってしまうと、恋愛に依存してしまうあまりに、自分をコントロールできなくなり日常生活や仕事にも影響してしまう人も少なくありません。
 
今回はそんな恋愛依存について紹介していきます。
 

恋愛依存症とはなに?

 

恋愛依存症とは、誰かに愛してもらっていないと自分の存在価値を見出せないために、お付き合いしている相手に過度に依存してしまうことをいいます。
 
恋愛依存症の人は「自分は恋人に愛してもらえているのか」といつでも不安に思ってしまいます。そのため、相手を束縛してしまったり、嫉妬で攻撃してしまうことも多いのです。
また、恋人に愛してもらうために極度に相手に尽くす行動をとります。
 
このように感情や、行動が自分でコントロールとれなくなってしまう状態を恋愛依存と言われています。

恋愛依存の人は自分を大切にできない

 

恋愛依存の人は、第一に恋人のことを考えているので自分のことを大切にしない傾向があります。
例えば、恋人のためなら友達や家族との交流を絶つ、恋人の無理なお願いにも答えてしまうなど。
普通なら「おかしいな」と思うことでも、恋人のためなら盲目になって行動してしまうのです。
 
恋愛しているときに「恋人に愛してもらえるなら他に何もいらない」という気持ちになっていたら要注意ですよ。
 

恋愛依存の人は自分だけの趣味がない

 

普通の人は、恋人といない時間も自分のやりたいことで時間を有意義に過ごすことできますよね。
しかし、恋愛依存の人は「恋人と一緒にいること」以外やることがない……という人が多いのです。そのため、恋人と一緒にいるときだけ幸せで、恋人といないときは幸せじゃないと思うようになってしまうのです。
 
恋人と会えない時間、やることがないことで恋人のことばかり考えて、無駄な時間を過ごしてしまっているという人は、恋愛依存予備軍かもしれません。

恋愛依存の人は恋人を攻撃する

 

恋愛依存の人は、恋人に愛されたいと思うあまりに逆に恋人を攻撃してしまうことがあります。
「愛されたい」「嫌われたくない」という気持ちが強くなりすぎて、感情がコントロールできなくなってしまい、恋人を攻撃してしまうのです。
 
例えば、嫉妬して「私のこと好きじゃないんでしょ」と言うことや、喧嘩して「私のこと好きなら許せることでしょ」と言ってしまうことは、恋人を自分の不安で攻撃してしまっていると言えます。
 

おわりに

 

いかがでしたか? 恋愛依存症について紹介していきました。
恋愛依存症になってしまうのは、いくつか原因があると言われています。大きな原因の一つは、親からの愛情が十分にうけられなかったことです。
 
本来、無条件でいけられる親からの愛情を十分に受けられないと「私は愛されない人間」と思うようになってしまうのです。
そのことで「誰かに愛されたい」という気持ちが人よりも大きくなってしまい、恋人に依存してしまうようになるのです。
まずは「自分はいろんな人に愛されている」と思うことが大事だと思います。
 
(澪/ライター)
 
■何かに依存する恋愛は後で必ずツケを払うことになる
■恋愛に依存してしまう女性の特徴
■絶対本命にはなれない!男性が引いた「恋愛体質な女性」
 

恋愛分析】の最新記事
  • 無表情な男性は何を考えている? クール男子を好きになってしまう女性へ
  • 口癖「でも」は男から嫌われる! モテ女になるために対処法を徹底解説
  • あなたは大丈夫? 抜け出せない「恋愛依存」予備軍
  • もしかして別れたいの!? 彼が発信する恋の終わりの危険サインを知ろう
  • 新しい恋がうまくできない……引きずり続けている“恋の後遺症”4選
  • 「都合のいい女」から脱却し「愛される女」になる方法とは?
  • “秒”で破局する悲劇の謎!好きな人と付き合えたのにすぐに別れてしまう理由とは?
  • あなたは大丈夫? 抜け出せない「恋愛依存」予備軍