恋人ができない。

好きな人もできない。

たまに気になる人ができても、全く上手にアプローチすることもできない。

 

恋愛が苦手な人にとっては、こういうことってしばしば体験するところでしょう。

せめてルックスに自信があったり、トークスキルがそこそこだったりすれば、恋愛で煮え湯を飲むことも少なくなるのでしょうが……。

実際のところ、そんなに要領の良い人生を送っていける人って少ないものです。

 

しかし、いくら理想の恋愛ができない日々を送っているからといって、過剰に自己嫌悪をする必要はありません。

悩みすぎたり、自分で自分を責めても、素敵な恋ができるわけではないのです。

 

今回は、恋愛が上手くいかないときに、どうして悩みすぎてはいけないのか?

その理由を書いていきましょう。

 

自己嫌悪は自分への呪いになって根強く残る……

 

思ったとおりの人生を歩めないと、ついつい何もかもを恨みたくなるものです。

思うような仕事ができず、毎月の収入もそんなに多くなく、しかも恋人もいない。

こういう人生をふと冷静に捉えてみると、ゾッとするかもしれません。

 

「自分は一体、何のために生まれてきたのか」と、根本的に自分の存在に疑問を抱くことも、あるんじゃないでしょうか。

 

ただ、やっぱり悩んでもしょうがない悩みってのがあって、長年恋人がいないまま暮らしてきた人って、人生の転換点に差し掛かるまでは、なかなか変われないものなんです。

 


つまり、恋愛をするようなコンディションに、そもそも到達していないからこそ、恋愛をすることができていないということ。

 

そのコンディションに到達するまでの道のりは人それぞれですが、たとえば恋愛指南本を読んだり、出会いが期待できる場に顔を出したりして、色々と努力をする必要はあるでしょう。

 

だけど世間には、そういう努力をまだ十分にこなしてないのに、勝手にモテないことに悲観している人がいます。

こういう人にありがちなのが、過剰に自分をダメな人間と決め付けて、自分で自分を呪う状況に陥っちゃっていることです。

 

悲観的な言葉ばかりつぶやいていると、永遠に……

 

日々、「どうせ自分は~」みたいな具合に、悲観的な言葉をつぶやき続け、自分で自分を低評価。

 

こんなことを毎日やっていると、本当にいつしか自分が評価したとおりの、どうしようもない人間になってしまいます。

自分が自分の人生の将来をダメなものと決め付けてしまうのは、これはもったいないことです。

 

日本では昔から、文字や言葉には言霊が宿るという考え方がありますよね。

言葉には目に見えない力がある……と書くとオカルトっぽく感じられるかもしれませんが、実際に発言力が強い立場の人が放つ言葉って、それなりに影響力も強くなります。

逆に、発言が軽い人がどんなに良い言葉を口にしても、周囲には軽んじられます。

 

人それぞれに発言の重みが全く異なるというわけですが、いってみれば言霊って、こういうことを指すものなのかもしれませんね。

 


恋愛だけに限らず、「自分はダメな人間」だとか「毎日辛い」とか、そういった言葉を毎日のように口に出している人って、みんな本当に不幸に見えます。

思うぐらいならまだいいのかもしれませんが、わざわざそれを言葉として発信してしまうと、やっぱり周囲も引きますし、孤立を深めることにもなりかねません。

 

そして、孤立すればそれだけ周囲からの手助けも望めなくなるし、新しい出会いのチャンスを得ても満足に生かすことができなくなります。

 

言霊というものが本当にあるのだと考えたら、どうせならポジティブな言葉を発することを心掛けてはいかがでしょうか。

 

おわりに

 

出会いがない。あるいは出会いがあっても自分に自信がなくて生かせない。

こういう状態が何年も続いてしまうと、どうしたって嫌な気分でいっぱいになってしまうのが普通ですし、悲観的な気持ちに浸ってしまうでしょう。

 

ただ、こういってはアレですが、現代って別に恋愛をしてもしなくても、どうとでもなる時代ともいえます。

結婚をしていなくたって世間体を気にするような時代でもなくなったため、余計に恋愛から遠のいている人は男女ともに増えています。

恋人ができないことで悩むことですら、もしかすると向こう10年、20年のうちに、バカらしくなる時代も来るのかもしれません。

 

恋愛についてのアレコレが思うようにいかないのは、たしかにストレスかもしれませんが、それでも恋愛に対して焦燥感めいたものは感じなくて大丈夫。

問題はないのではないでしょうか。

 

恋愛なんて本当に偶然のめぐり合わせが鍵になってますから、あんまり深刻に悩んでもストレスと眉間のシワが増えるだけです。

 

(松本ミゾレ/ライター)

photo by Duy oh

 

■女好きな彼の本心が知りたい……彼にとって、今の私はアリ?

■冷たい言葉、素振り……彼は、どういうつもり?

■もし躰を重ねたら……二人はどんなふうに愛し合う?

 

関連キーワード
恋愛分析】の最新記事
  • 女性は勘違いしがち?「セックスすれば交際確実」とは限らない理由
  • メンへラ女子はセフレにしやすい?病んでいる女性を狙う男性の本音
  • りぼん?なかよし?ちゃお?好きだった雑誌でわかる大人のあなたの恋愛傾向
  • 「私は男運が悪い」と言う女性がダメ恋愛を繰り返す本当の理由
  • 汚部屋、泥酔、ビッチにも引かない! ジェントルマンな男の行動
  • 重い、自己中、失礼すぎる……「嫌われメール」の特徴と解決策7選
  • 我慢できるのは性格か外見か? イケメンVSブサメン究極の二択
  • 必見! 気が強い女性が恋に落ちる男性の特徴はこれだ!