恋人ができない。

好きな人もできない。

たまに気になる人ができても、全く上手にアプローチすることもできない。

 

恋愛が苦手な人にとっては、こういうことってしばしば体験するところでしょう。

せめてルックスに自信があったり、トークスキルがそこそこだったりすれば、恋愛で煮え湯を飲むことも少なくなるのでしょうが……。

実際のところ、そんなに要領の良い人生を送っていける人って少ないものです。

 

しかし、いくら理想の恋愛ができない日々を送っているからといって、過剰に自己嫌悪をする必要はありません。

悩みすぎたり、自分で自分を責めても、素敵な恋ができるわけではないのです。

 

今回は、恋愛が上手くいかないときに、どうして悩みすぎてはいけないのか?

その理由を書いていきましょう。

 

自己嫌悪は自分への呪いになって根強く残る……

 

思ったとおりの人生を歩めないと、ついつい何もかもを恨みたくなるものです。

思うような仕事ができず、毎月の収入もそんなに多くなく、しかも恋人もいない。

こういう人生をふと冷静に捉えてみると、ゾッとするかもしれません。

 

「自分は一体、何のために生まれてきたのか」と、根本的に自分の存在に疑問を抱くことも、あるんじゃないでしょうか。

 

ただ、やっぱり悩んでもしょうがない悩みってのがあって、長年恋人がいないまま暮らしてきた人って、人生の転換点に差し掛かるまでは、なかなか変われないものなんです。

 

関連キーワード
恋愛分析】の最新記事
  • 汚部屋、泥酔、ビッチにも引かない! ジェントルマンな男の行動
  • 重い、自己中、失礼すぎる……「嫌われメール」の特徴と解決策7選
  • 我慢できるのは性格か外見か? イケメンVSブサメン究極の二択
  • 必見! 気が強い女性が恋に落ちる男性の特徴はこれだ!
  • 絶対引っかかるな! 二股をかける男性の特徴
  • オタク女子に対する男性の本音!モテるオタクとモテないオタクの違い
  • いったいナゼ!? 好きな人とは付き合えるのに“秒”で破局する悲劇の謎
  • 『彼氏いない歴=実年齢』よりヤバいのは、彼氏がいるけど○○な女性