男性にとっては、落ち着きがあって色っぽい雰囲気を醸し出している魅力的な存在だと思われているアラサー女性。近年ではアンチエイジングのスキンケアなども大流行しているので、アラサーなのに肌年齢が20代という女性も少なくありません。

 

ウッカリするとオバサンの域に

 

 見た目を若く保つことは、アラサー女性にとっては永遠の課題ですが、肉体年齢まではごまかせません。体力の衰えにより、隙が見えてしまうことも増えてきます。

 では、男性はどんな「隙」をチェックしているのでしょうか? 男性たちがドン引きしたアラサー女性の醜態をまとめてみました。

「電車で寝ているアラサー女性がすごかった。目は半開きというより全開で、口も大きく開けて寝ていた。息も臭くて、まるでオッサンのようだった」(公務員・28歳)

「大きな声でどうでもいい話を永遠と続けられると、実家のおかんを思い出すので止めてほしい」(アパレル・35歳)

「うちの同僚女性が席を立ったり、物を運んだりといった時に毎回必ず『どっこいしょ!』とか『よいしょ!』って言うんです。それ聞く度に、オバさんだなぁと(笑)。本人は無意識らしく、そこのことにまったく気付いていません」(広告・29歳)

「あるパーティーで、初対面の男に職業と年収を聞いて回るアラサ―女性を発見。婚活イベントかなんかと勘違いしているようで、ずっと忙しく聞いてまわっていた。そこまで結婚に飢えてるのかと怖くなりました」(医師・33歳)

「昼食の時に、食べ終わったあとに、口をチッチッと鳴らせている女性にはドン引きした。オッサンじゃないんだから、そういう隙は見たくないですよね」(メーカー・34歳)

 男性は見ていないようで私たちの一挙一動をよく観察しています。普段はどんなにいい女を演じていても、ふとしたところで隙が出てしまっては、アラサーの婚活は台無しになってしまいます。どんな時にでも男性をドン引きさせないためには、普段の生活からそつなく注意したほうが良さそうです。

 例えば、仕事で疲れて帰宅する電車の中で、思わずウトウトすることもあるでしょう。ふっと我に返った時には足を開いてパンツ丸見え、ヨダレ持たれていた、なんてこともあるかもしれません。そんな姿を職場の同僚に見られてしまったら、普段のいい女アピールも水の泡。そうならないためには、電車に座ったら、とりあえず足を組み、がに股&パンツ丸出しにならないように最低限の注意は必要です。座ると眠ってしまうなら、座らずに立つという選択をするのもポイントです。

 言葉づかいや話し方、どんなボキャブラリーで会話をするのか、男性はわずかな部分も細かくチェックしています。ついつい声が大きくなってしまったり、ボキャブラリーがどうしても昭和になってしまったりという場合には、「ささやくように」「流行語は避けて正しい日本語で」「口数はできるだけ少なく」話すことを意識してみてはいかがでしょうか? 

 ウッカリするとオバサンの域に足を突っ込んでしまいそうな年齢だからこそ、こまかい点に注意することで男性にとっては一気に恋愛対象や結婚対象になりますし、婚活する時にもプラスの印象を与えることができるはずです。

 

関連コラム

 

片思い、不倫、復縁…辛い恋が一瞬で解決する相談相手とは?
「自分なんか絶対ムリ」ネガティブ女子が恋を成功させた裏ワザ
「結婚したい!」婚活を確実に結婚につなげるための心がけ
婚活疲れしてない?時間と労力を節約する、婚活上級テクニック
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by kaizen.nguyễn (改変 gatag.net)

恋愛分析】の最新記事
  • 自分は本命彼女? それともセフレ? 怪しい彼の本心を確かめる方法
  • 恋愛経験少なすぎ!恋愛童貞にありがちなこと
  • 恋愛経験が仇に!? 若いころ恋愛謳歌した人は将来拗らせる説
  • あなたもうっかり出してない?日常会話からあふれ出る潜在的ドM度
  • 若い頃に「本気の恋愛をしたと思っている人」と「していないと思っている人」の違い
  • 貧乳女性に朗報か!?日本人男性は貧乳好きになりつつある説
  • 男女ではまったく違う! 恋が冷めてしまった悲しい瞬間
  • 我慢できるのは性格か外見か? イケメンVSブサメン究極の二択