好きな人との距離を縮めるために、LINEは必須アイテムとも言えますよね。
でも、相手の気を引こうとして送ったLINEも、思い入れや思い込みが強すぎると、ただの迷惑LINEになってしまいます。
 
嫌われてしまうLINEとはどんなものなのか? あなたは大丈夫? チェックしてみてくださいね!
 

ボリュームたっぷり「重量級LINE」

 

アピールしたいことが多すぎて、ギチギチに文字を書き込んだLINEは、見た目からして重苦しいもの。対策としては、改行や余白を入れてすっきりと。そして、画面をスクロールせずにすむ文字量でまとめましょう。LINEを送った相手に、読む時間をさいてもらっていることを意識するといいでしょう。
 

私が、私が……の「自己中LINE」

 

自分の話をしたくなるのは分かりますが、読んでいる相手は飽きてしまう可能性も。対策としては、主語を自分より相手に変えること。
「××さんなら」「××さんのおかげで」と、相手主体の文章にしましょう。それも使いすぎてくどくならないように注意です。

ストレートすぎる「単刀直入LINE」

 

相手に何かしてほしいときに送るLINEでは、「〜して」と書くと、命令調が強調され、相手に不快感を与えてしまいます。対策としては「〜してくれる?」と問いかけ形式で婉曲的に。
 
「申し訳ないんだけど」などのクッション言葉を添えてやんわりとした文章にしましょう。
 

分かったら、はいさようならの「聞きっぱなしLINE」

 

質問LINEを送り、回答が返ってきたらそこで問題は解決です。しかし、相手が時間をさいて回答してくれた労力を忘れずに。対策としては、相手から回答があった時点で必ずお礼のLINEを送りましょう。
 

リアクションに困る「つぶやきLINE」

 

内容や意味のないつぶやきLINEは、親しくない相手からは、うるさがられるだけ。対策としては、思いつきのLINEは控え、相手が返しやすいかどうかを考えてLINEを送るようにしましょう!
 

失礼にもほどがある「なにしてますか?」LINE

 

自分は暇でも、相手も同じとはかぎりません。親しくない相手に、執拗に探りを入れるLINEは、ストーカー扱いされてしまうことも。
対策としては、ウザい人と認定される前にすぐやめましょう。
 

実は気を使えていない「返信不要ですLINE」

 

「返信不要なので、これからも送っていいですか?」と、相手に気を使ったつもりでいると危険。
意味深な内容で一方的に送りつけられるLINEは心に蓄積して、結局は受け取る側の負担に。対策としては、LINEは用件があるときだけに控えましょう。
 

共有できる話題を準備してLINEを活用しよう!

 

LINEは双方向のやりとりが成り立ってこそ、コミュニケーションが深まるツール。一方的で過剰な情報提供は相手を疲れさせ、やがて飽きられ、ついには嫌われます。
 
相手の立場になって「相手がどのように受け止め、感じるか」を想定したLINEの書き方を心がけましょう。
好きな人との距離を上手に縮められるように、LINEを役立てられるといいですね。
 
(yummy!編集部)
 
■男性が彼女からのLINEでドン引きした内容4つ
■気を付けて! 男性がドン引きするLINE
■ドン引き!女性が返信に困る既読スルーしたくなる童貞LINE
 

恋愛分析】の最新記事
  • 男性が「可愛げがない!」と感じる強がり女子の言動5選
  • 自分は本命彼女? それともセフレ? 怪しい彼の本心を確かめる方法
  • 恋愛経験少なすぎ!恋愛童貞にありがちなこと
  • 恋愛経験が仇に!? 若いころ恋愛謳歌した人は将来拗らせる説
  • あなたもうっかり出してない?日常会話からあふれ出る潜在的ドM度
  • 若い頃に「本気の恋愛をしたと思っている人」と「していないと思っている人」の違い
  • 貧乳女性に朗報か!?日本人男性は貧乳好きになりつつある説
  • 男女ではまったく違う! 恋が冷めてしまった悲しい瞬間