経験をすることがないからこそ、女性の生理はできるだけ気を配りたいと思う男性が多いです。しかし、「何をしたらいいのか」「何が求められているのか」よくわからなくて、空回りしてしまうことも……。
 
女性によっても、求めていることは異なることがありますが、よくあるポイントを押さえておきましょう。
 

1:抑えられないイライラへの理解

 

「私は生理前の一週間はものすごくイライラしちゃっています。彼氏は何もしていないのに八つ当たりしたり、ちょっとしたことの揚げ足を取ったり。自分でもひどいなと思うけどどうにもコントロールできないんです。大人になって、対策として彼と距離を取ることを決めました。でも、そうすると『なんで』ってなることもあって。
 
そんな状態を彼氏にはわかって欲しい。イライラしないようにしたいけれど、それは無理なんです。彼が受け入れてくれるなら側にいたいけれど、彼が辛いなら離れていたい。嫌いにならないで欲しいです」(36歳・女性)

2:生理不順でどうしてもあり得るキャンセルへの理解

 

「中学生で初潮を迎えてから、とにかく2日目が重くてしんどい私。ときにはベッドから朝起き上がれない日もあり、痛み止めを飲まないと生活すらままならないこともありました。しかも周期もかなり不順だったので、重い日がいつ来るかの予測もつけづらくて困っていました。
 
そのせいで約束をキャンセルせざるを得なくなったり、彼氏の連絡に優しい対応ができなかったりもしていたんです。そんなとき、おおらかに理解を示してくれると本当にありがたく感じましたね。さらに言えば、あまりのつらさに八つ当たりしちゃっても寛容にしてもらえると助かります」(27歳・女性)
 

3:生理に対して差別的ではないことを伝える姿勢

 

「生理中であることを男性に伝える時に緊張します。生理中に差別的な言葉を言われたトラウマがあるので、『もしも邪険にされたら』『もしも卑猥な言葉をかけられたら』と考えると、悪い方悪い方に考えてしまって不安な気持ちになり緊張します。
 
生理中であることを打ち明けられたら、過去に虐待的なトラウマを持っている可能性を考えて貰いたいです。複雑な気持ちになっているので『生理痛、大変だねー』と、肯定的な言葉を言って貰えれば助かります」(37歳・女性)

4:動けないときのフォロー

 

「生理のときになにかをしてくれるのが当たり前とは思っていません。でも、生理でしんどいときに、『なにが欲しい?』『家事とかしんどいよね?』とささっとフォローしてくれたときには感動を覚えました。
 
特に印象的だったのは、生理でベッドを汚してしまったとき。引かれるかな…とかなりショックを受けてしまったのですが、彼は『大丈夫?他は汚れてない?』ってすぐに洗ってくれたんです」(24歳・女性)
 

相手に聞いてみるのがベスト

 

付き合ってもいない相手に生理のことを聞くのは躊躇われるかもしれませんが、もし彼女なら、思い切ってどうして欲しいか聞いてみるのもポイントです。ほっておいて欲しい人、そばにいて欲しい人など、180度答えが違うことがありますから……。
 
カップル間で、生理のことや性のことなど、話しにくい話題があるとすれ違いが生まれてしまいやすいため、話し合いができる環境づくりを努めましょう。
 
(神崎なつめ/ライター)
 
■生理前・生理中のイライラ、体調不良…… 女性が彼氏に理解してほしいこと・デート中の注意点
■理想の彼氏!生理中の彼氏の神対応エピソード5つ
■生理中イライラ!つい彼氏に当たってしまった失敗談
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

ライフスタイル】の最新記事
  • 平成、令和男性にはない「昭和男性の漢気!」とは?
  • 20代、30代、40代【年代別】女性が自分の年齢を実感する瞬間とは?
  • 目から生気が抜けるほどの脱力感「目がビー玉になった瞬間」っていつ?
  • デカパン、パンチラ、スケパン……パンツで赤っ恥(汗)――パンツにまつわる、あるあるエピソード6選
  • 鎌倉時代の忘年会が過酷すぎる――知られざる「忘年会の起源」
  • 「罪悪感のある習慣」をやめてスッキリ! 悪習慣を断ち切る4つのヒント
  • やめときゃよかった! 田舎暮らしに憧れた旦那との想定外エピソード5選
  • 超簡単診断!「セックスのことをなんと呼ぶ?」回答で分かるあなたの“むっつり度”