「夫はいらないけど、子どもだけ欲しい」
 
信頼できるパートナーと出会うのは難しい、婚活がうまくいかない、嫁姑関係などが面倒臭い、だけど子どもは埋めるうちに産みたい。さまざまな理由で、結婚は望まないけれども、出産を望む女性がいます。
 
今回は、結婚せずに子供だけ産む方法について解説していきます。
 

1.彼氏に協力してもらう

 

子どもを産むときに夫は必要ありませんが、精子は必ず必要になってきます。その場合、どこから精子を入手するかが問題です。
 
もっともオーソドックスなのは、お付き合いしている彼氏との子どもを妊娠して産むことでしょう。書籍『おひとりさま出産』(七尾ゆず著・集英社)では、40歳を目前にした著者が、彼氏に頼んで計画的に妊娠・出産する様が描かれています。
 
「子どもだけ欲しい。一緒に育ててくれなくていいから妊活だけに協力してほしい」とお願いして、承諾してくれる彼氏はあまり多いとは思えませんが、一度聞いて見るというのはアリでしょう。ただし、妊娠、出産、子育てにどれくらい彼氏が関わりたがっているのか、またはまったくノータッチでいくのかは、後々のトラブルを避けるため事前に話し合って決めておく必要があるでしょう。

2.友人・知人に協力してもらう

 

男性の友人に協力を依頼して精子をもらう、という方法もあります。
 
ケースに精子を出してもらい、スポイトで膣に入れることで、性行為をしなくても妊娠を期待することは可能です。これを「セルフシリンジ法」と言います。
 
協力してもらう際には、遺伝する可能性のある病気の有無などを事前に調べてもらうことが望ましいでしょう。また、彼氏に協力してもらうときと同様に、子どもが生まれた後にどれくらいの関わり方を望むのか、もしっかり確認しておきましょう。
 

3.精子バンクを利用する

 

彼氏にも知人にも精子提供を頼むことが難しい場合、最後の砦として思いつくのは、精子バンクの存在でしょう。
 
日本では、日本産科婦人科学会が定める「非配偶者間人工授精に関する登録施設」が、公式的な精子バンクの役割を担っています。ただし、利用可能な者は不妊の法定婚夫婦に限定されます。
 
ネット上には、精子の提供をもちかける個人サイトが多数存在します。しかし、経歴や人種などのプロフィール情報にどこまで信憑性があるのか、わからなかったりとかなりリスクが高い選択肢なので、いくら子どもが欲しいと思っても手を出さない方がいいでしょう。
 
アメリカの精子バンクなどは、人種、肌の色、目の色、身長など多数の項目から自分の希望する人の精子を選べるほど、多様な人たちの精子が取り揃えられています。しかし、こちらは数百万と高額な費用がかかることも多く、また仕事を休んで数週間海外に滞在しなければならないため、現実的な選択肢とはいえないでしょう。

さいごに

 

今回は、子供だけ欲しい、と考えた場合の選択肢についてご紹介してきました。どのような方法を選ぶにしても、もっとも重視しなければいけいないのは、生まれてきた子どもが幸せになれるか? ということ。
 
自分の都合だけではなく、生まれてくる子どもに配慮し、塾考していただきたい。
 
(今来 今/ライター)
 
■女性が「ひとりで子供を産む」ときに頼りになるものとは?
■「いつか子どもが欲しい」と思うなら、早めの結婚・出産が良い理由!
■やっぱり結婚したい! 理想の男性と幸せな家庭を手に入れるには?
 

ライフスタイル】の最新記事
  • 「アイツ生意気!」女性だらけの職場で起こるトラブルあるある
  • 自由に使えるお金はいくら? OLのリアルな金銭事情ランキング
  • どこの職場にもいる! 周囲から「迷惑がられている人たち」の特徴&対処方法
  • 女子たちの恐ろしすぎる本音…友だちの彼氏が大嫌いな理由5選
  • 無理すぎ! 男性が気づいていない「無意識セクハラ」4選
  • 人肌恋しい季節…誰かの温もりを感じたい! 不安を解消する特効薬とは?
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動