「夫はいらないけど、子供だけ欲しい」という女性はたくさんいますよね。

今回は、結婚せずに子供だけ産み育てる方法について解説していきます。

「子供だけ欲しい」ときの選択肢1 彼氏に協力してもらう


子供を産むときに夫は必要ありませんが、精子は必ず必要になってきます。どこから精子を入手するかが問題です。

一番オーソドックスなのは、お付き合いしている彼氏との子供を妊娠して産むことでしょう。『おひとりさま出産』(七尾ゆず著・集英社)では、40歳を目前にした著者が、彼氏に頼んで計画的に妊娠・出産する様が描かれています。

「子供だけ欲しい。一緒に育ててくれなくていいから妊活に協力してほしい」とお願いして、承諾してくれる彼氏はあまり多いとは思えませんが、一度聞いて見るというのはアリでしょう。ただし、妊娠・出産・子育てにどれくらい彼氏が関わりたがっているのか、またはまったくノータッチでいくのかは、後々のトラブルを避けるため事前に話し合って決めておく必要があるでしょう。

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 不妊原因の半数は男性! “味覚”がもたらす男性不妊の実態とは
  • 諦められない夢……今からでも実現できる?
  • 絶対なりたくない! 男も友だちも離れていく“面倒なアラサー”の特徴
  • 恥ずかしいけど思わず笑える 赤面必至の言い間違いエピソード
  • 美容室で大失敗! 男性美容師にまつわる独女の恥ずかしい体験談
  • “ぷるぷる美肌”も一緒に手に入れる『プチ断食のススメ』
  • 「男っていうのはね……」勘違い持論炸裂! 痛い独女エピソード5選
  • 仕事ナメてんの? 職場で見た「貧弱男子社員」5選