こんにちは、蓮見ハルです。
 
みなさんは、自撮り、好きですか?
 
SNSにアップしたり、アイコンを自撮りのものにしたりと、自撮りは今ではもうすっかり定着している文化だと言っていいでしょう。
 
誰もがいかにテクを駆使して自然に盛るか、つい一所懸命になってしまいますよね。
 
今回は、自撮りポーズからわかる世代診断をやってみたいと思います。
 

Wピース

 
両手で元気いっぱいにピースをして、前に突き出しているポーズを無意識にしているのは、ズバリ!アラフォーもしくはアラフォー以上の年齢に見られる傾向です。
 
1980年代頃に流行ったCMが関係しているようですね。
 

アヒル口

 
2000年からは一気にアヒル口をして写る女子が増えました。
 
その頃のアイドルたちがみんなアヒル口をしてかわいさをアピールしていたことが大きく関わっているようです。
 
当時はアヒル口の特集が雑誌でもよく取り上げられているほど、みんなアヒル口に夢中でしたね。

あごのあたりでピース

 
こちらは2000年以降、主に今の20代の人たちがやっているピースサインですが、あごの近くでピースをして、小顔効果を狙っています。
また、このあたりで手の甲を見せて行う裏ピースも流行り始めました。
 
裏ピースはネイルもきれいに写真におさめることができるので、ネイルに力を入れている人にも人気のポーズですよね♡
 

エライザポーズ

 
モデルのエライザさんが自身のSNSでアップして一躍人気になったのがエライザポーズです。
 
当時はとても流行って、みんな片手でぎゅっと口元をつまんでアヒル口を作っていましたよね。
 
エライザポーズは小顔に見えることから、真似する人も多く、エライザさんがそれまで以上に有名になるきっかけでもあったポーズです。
 

虫歯ポーズ

 
2015年頃にはやり始めたのが、いわゆる虫歯ポーズです。
 
歯痛ポーズとも呼ばれ、片方の頬を片手ですっぽり覆うことで小顔効果を狙ったポーズです。
 
また、小顔の他にも、手で押さえることで皮膚がリフトアップされ、ほうれい線を目立たなくする効果もあります。
 
こちらのポーズは今でもまだ見かけますよね。

指ハート

 
2016年頃から親指と人差し指をクロスさせて指でハートを作る、指ハートというポーズが若い人たちを中心に流行っています。
 
指ハートは韓国発祥とも言われていて、いくつか種類もあるようなので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。
 

おわりに

 
今回は自撮りポーズをいくつか見てきましたが、あなたがよくする自撮りポーズは入っていましたか。
 
年齢が上になればなるほど、ピースをする位置が顔から離れていくというのは興味深いですよね♡
 
いくら自撮りポーズから年代がわかるからといっても、若い子たちの間で流行っているポーズを無理やり取り入れて自撮りするようでは、浮いてしまうこと間違いなしです。
 
自分に合った無理のない自撮りポーズを取り入れて、自然で可愛いと思われる自撮りを目指したいですね♡
 
自撮りに関しては次々と新しい流行りのポーズが出てくるので、次はどんなポーズが流行るのか楽しみですね。
 
(蓮見ハル/ライター)
 
■世代診断|ピースサインで世代の特徴を検証!あなたはどれ?
■世代別・人気給食ランキング!アラサー世代の1位は「揚げパン」
■年代別にご紹介! 女子高生のトレンドファッションとは?
 

ライフスタイル】の最新記事
  • アメリカ人はアンダーヘアが全部ない!? 意外と知らない海外の脱毛事情
  • 前より疲れやすくなった?30代が人生を思いっきり楽しむには?
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 美しい年の取り方って何?「イタイ若作り」と「素敵な若さ」の違い
  • ゲイは必ず新宿2丁目に行くの? 知られざるゲイバーの実態
  • ティッシュに書いてある求人広告に応募したら怖い目にあった話
  • 彼のEDに悩む女性に朗報!「真のED改善食材」とは?
  • 共働きで子供なし「DINKS」のメリット・デメリットとは?