ミニマリストとは、ミニマル(最小限)のものだけで生活する人のことを言います。
 
今回はミニマリストになることで生じるメリットとデメリットをご紹介していきます。
 

ミニマリストになるメリットとは?

 

ミニマリストになることで感じられるメリットは大きくわけて5つあります。

ミニマリストになるメリット1 部屋が散らからない

 

ミニマリストは、商品を買うときに徹底的に吟味します。
 
ほんとうの必要なものなのか、を見極め、必要ではないと判断した場合、購入しません。
 
また、これまで惰性で使っていたけれど、本当は必要なかったものは処分します。
 
ミニマリストの持ち物は、自分にとって最低限のものになりますから、必然的に部屋は片付きます。
 

ミニマリストになるメリット2 お金がかからない

 

ミニマリストになれば、これまでいかに無駄なお金を使っていたのかに気がつくことができます。
 
流行の服や家電、文具、趣味のコレクションなど、欲しいものは次から次に出てきます。
 
流行は移り変わり、広告は溢れかえり、人々の物欲を刺激します。
 
物欲に流されている限り、ほしいものは永遠になくならず、消費行動は続きます。
 
ミニマリストは、流行に乗っただけの消費や、見栄のための消費は行いません。
必要最低限のものしか購入しないので、お金がかからなくなります。

ミニマリストになるメリット3 お金のために働かないで済む

 

ミニマリストになった暁には、これまでいかに無駄なお金を使っていたか、に気がつくでしょう。
 
いつもお金が足りない、もっとほしいと感じていた人でも、そんなにお金はいらなかった、と気がつくかもしれません。
 
消費に追い立てられる生活から降りてしまったら、「生活費は実は○万円でよかった」と気がつくかもしれません。
 
そうなれば、これまでしていた過重労働が不必要だったと判断できる可能性もあるのです。
 
ミニマリストになれば、もっとほしい! もっと稼がなければ! という焦燥感は消え、必要十分な生活を送ることができるのです。
 

ミニマリストになるメリット4 気持ちが穏やかになる

 

ミニマリストは、自分に必要なものがなにかを理解しています。
 
そのため、あれも買わなければと焦ったり、お金がないと悩んだり、人と比べて卑屈になったり嫉妬したり、ということから解放されます。
 
必要なものはすべて揃っている、と気が付けるので、気持ちが穏やかになり、心に余裕が生まれるのです。
 

ミニマリストになるメリット5 時間に余裕ができる

 

ミニマリストになれば、心に余裕が生まれるだけではなく、時間にも余裕がうまれます。
 
なぜなら、ショッピングをする時間や、部屋を片付ける時間、ものを買うかどうか迷う時間、ほしいものを買うためにしゃかりきに働く時間が必要なくなるからです。
 

ミニマリストになるデメリットとは?

 

ミニマリストはなると様々なメリットが得られますが、デメリットを感じるケースもあります。
 
たとえば、ミニマルな生活を追求したいという思いが強いために、恋人ができても一緒に生活したくないと感じる可能性があることもデメリットだと言えるかもしれません。
 
ミニマリストはひとりで実践する場合、デメリットはほとんどありませんが、共同生活を送る場合には、共同生活者との話し合いが必須です。
 
今来 今/ライター
 
■ミニマリストってスタイリッシュでかっこいいの?実践してしんどくない?
■12星座別|幸せをつかみやすい生活環境とは?
■生活に簡単に取り入れられる!金運をアップさせるカラー

ライフスタイル】の最新記事
  • 好きなものに囲まれて過ごすと、人生が豊かになる
  • ミニマリストのメリット・デメリットとは?
  • 人生を無駄にしている?見直すべき7つのポイント
  • 取り組みやすい!稼げる副業4選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • ミニマリストってスタイリッシュでかっこいいの?実践してしんどくない?
  • 身体よりも心が疲れている?アラサー女性のストレスの原因4つ
  • 20代後半。これからのキャリア形成、どうする?