生理痛が重くてつらく、立ち上がれずに横に寝たまま1日を過ごす人がいる一方で、生理中に不調を感じたことがない人もいます。
 
生理は個人差が大きいもの。悩みを抱えていても、デリケートな問題なだけに友達や家族に相談できないこともあります。
人それぞれある生理の違いを調べました。
 

女性でも個人差のある生理の違い

 

女性同士でも話しにくい生理の話。多くの女性が抱えている生理の悩みは、親しい友達や家族にも相談しにくいものです。
 
生理痛が重くて毎月つらい思いをしている人もいる一方で、一度もつらさを感じたことがない人も。そこで今回は、人ぞれぞれある生理の違いについて、様々な女性からお話を伺いました。

生理中はどうなる?

 

(1)何も悩みを感じたことがない

 

「生理中に体調が悪くなったことは一度もありません。でも妹は生理中、いつも頭痛で苦しんでいるみたいです。常に元気なので、高校時代に学校の体育の授業を見学することもありませんでした。正直、他の人の生理痛の苦しさは理解できないかも」( Yさん・20歳/学生) 
 
生理の悩みが全くない人もいます。姉妹や親子でも生理の症状は違うようですね。生理痛がない人にとって、重い生理痛で苦しんでいる人のつらさは理解できないのでしょう。
 

(2)重い生理痛で、学校は休んでます

 

「生理が近づくたびに重い気持ちになります。毎回生理期間中はつらくて、ベッドから出るのも難しいくらい。痛み止めを飲んで、1日中横になっています。食事するために起き上がるのもしんどいので、ひたすら爆睡」( Cさん・19歳/学生)
 
生理痛がひどくて、生理が終わるまでの期間は寝たきりになる人もいます。薬を飲んでも症状が変わらないなど、あまりに症状がひどいなら、すぐに婦人科へ行きましょう。
 

(3)生理休暇をフル活用!

 

「生理中に体がしんどくなることはほとんどありません。でも気持ちの浮き沈みが激しくなります。特に理由もなく気持ちが落ち込み、泣き出してしまうことも。少し時間が経つと、なぜ涙を流していたのかわからなくなります。職場に迷惑をかけないように、生理休暇をフル活用して、その期間はのんびり。生理休暇が使える職場に転職して、本当によかった」( Fさん・31歳/事務)
 
デジタル大辞泉(小学館)によると、生理休暇とは労働基準法に基づいて、生理日の就業が著しく困難な女子労働者に与えられる休暇のこと。雇用形態は関係なく取得でき、診断書は必要ありません。生理休暇が有給か無給かは法律で決まっているわけではないため、各企業の規定に準ずることになります。
 
生理休暇に旅行に行くなど、偽りの取得をすると懲戒処分になることも。生理中にゆっくりできるのはありがたいですよね。
 
しかし、中には生理休暇が取得しづらいと感じる人もいるようです。
 
厚生労働省の「平成 27 年度雇用均等基本調査」によると、生理休暇の取得は0.9%。また2007年全国労働組合総連合女性部の「女性労働者の健康・労働実態及び雇用における男女平等調査報告書」では、生理休暇が取得しにくい理由を調査しています。その結果、「人員の不足や仕事の多忙で職場の雰囲気として取りにくい」が44.4%。「苦痛ではないので必要ない」が28.7%。「はずかしい、生理であることを知られたくない」が22.5%。
 
生理休暇を取得できるはずなのに、言い出しにくい環境に置かれている人もいるとわかりました。

生理は個人差が大きいことを覚えておこう!

 

生理中は様々な症状が現れます。頭痛や腰痛、吐き気などの症状が現れる人も。さらにストレスやその人の体調、生理に対しての感じ方によっても、痛みの感じ方が変わります。体質は変えられなくても、適切な薬を飲むことで、症状が落ち着くかもしれません。
 
生理中に体がつらくなったら、体を温め、マッサージや軽い運動をするのがおすすめです。上手にケアして、うまく付き合っていきましょう。
 
(番長みるく/ライター)
 
【参考】
厚生労働省「平成 27 年度雇用均等基本調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/71-27-07.pdf#page=24
全国労働組合連合女性部「妊娠・出産・育児に関する実態調査」(P39)
http://www.zenroren.gr.jp/jp/jyosei/2008/data/tyousa/main.pdf
 
■生理中の「二人の適切な距離感」を前もって彼氏に伝えるタイミングとは?
■生理中でもラブラブできる♡ 気分がコロコロ変わる生理中の彼氏との過ごし方
■イライラ不調……生理の期間も快適に過ごすには?

ライフスタイル】の最新記事
  • 女性にも知らない人がいる? 人それぞれある「生理の症状」の違い
  • カンタンお手軽な誕生日占い【運命数別】ストレス解消法とは?
  • カウンセラーが教える! めんどくさがりな自分を変える心理学
  • せっかく幸せになれるのに、自分から全てを捨てる残念な人たちエピソード
  • オカマが思う「みんな歳を取ることを怖がりすぎ問題」|もちぎ
  • 「女の幸せ」をつかめる女性とは?
  • 疲れが溜まって現実逃避したい! プチニートジャーニーのススメ
  • オカマ流 ポジティブに生きる方法|もちぎ