生理前後や生理中の女性は大変。
なんとなく『しんどい』ということはわかっていて、協力しようとしてくれる男性もいます。
でも、「具体的に『どうして欲しいのか』を話してくれないと手伝えない!」と考えているのが現状……
 
「察して!」なんて言わないから、このつらさを正しく理解してほしい……そんな気持ちを込めたコラム記事です。
男性にどう説明したらいいのかわからない! と悩む女性にもオススメです。
 

重さも症状も人それぞれ。それが生理

 

まず、症状の重さ、自覚症状の種類、時期、とにかくすべて個人個人で異なります。
 
いわゆるPMS(月経前症候群)が最もひどい人だと。
生理前の1週間はずっとイライラしっぱなし、加えて鬱っぽくなっていつもネガティヴ思考、さらに身体の症状としては頭が重たく痛い、身体がダル重い……などなど。
 
とにかく『しんどい』としか答えられなくなるのも仕方がない状況です。
このタイプであれば、生理が始まるとかなり落ち着いて、まあまあ普段通りに接することができます。

生理中が一番のピークだという女性の場合

 

最初の1、2、3日目が山場です。
下腹部痛に頭痛、倦怠感、下痢、貧血、吐き気に嘔吐、食欲不振……
 
ただ症状を示す単語を並べただけで、もはや病気です。
でも病気だとは診断されません。冗談もほどほどにしてほしいと思いませんか?
 
もう少し生理期間の苦痛について説明を加えると、たとえば、下腹部痛。
お腹が痛いとか筋肉痛とか、そういう話ではありません。内臓が物理的に捩れます。
 
未経験者には想像がつかない、と思って大丈夫な種類の痛みなので、想像がつかないほどの苦痛に耐えている、ということを前提に置くのが最善策です。
 

生理後もまだまだ続く、女性特有の試練

 

よく言われるのは、先の章でご紹介した2つです。
しかし、生理後半から出血が止まったあとも苦しんでいる女性もいます。
 
貧血による症状を訴えるパターンが多いですが、生理中に過食や偏食の症状がある人の場合、ホルモンバランスや体調にその影響が出るようです。
めまいや腹痛、腰痛、眠気を引きずるタイプもいます。
 
そしてさらにおそろしいのが、これら生理前、生理中、生理後の症状すべてを自覚している女性もいます。
いつからいつまでが生理だかわかりません。
出血が長引けば、3週間近くしんどいままだという人もいるでしょう。
1週間休んでまたすぐに次の周期が来るイメージです。

覚悟をしていたのに肩すかしをくらうパターンも?

 

ここまで、生理がどんなにつらいことかご説明しました。
女性は男性よりも血液の量や濃さも、血圧も低い傾向にあり、貧血になりやすいです。
そのうえ月に一回出血を起こしているのですから、どんなことが起こるか想像つくことでしょう。
 
しかし、こういった症状がほとんどない、もしくはあっても生理の1、2日目だけに軽い症状が出る、というタイプもいます。
 
気をつかいすぎてから「私はそんなに重くないから、いつも通りにしてくれればいいよ。つらときは言う」なんて言われたら、ちょっとイラッとしてしまうかもしれません。
 
だから、相手の女性がどのタイプか、知らなければお互いのためにはならないのかもしれませんね。
 

全女性共通。症状以外の生理の苦痛もある

 

まだあるの?
って感じですが……生理中は、専用のショーツを履き、生理用ナプキンを着用するのが主流です。
人によってはタンポンとナプキンの併用もあり得ますね。
 
これがまあストレスなことこの上ないんです。
 
出血量の多い人は、タンポンとナプキンを併用しても2時間もたなかった経験があったり。
ナプキンがズレたり、吸水しきれないほど出てしまったりが原因で下着や洋服、椅子を汚した経験がある人は、かなりの数います。
ない人の方が少ないのではないでしょうか?
 
恥ずかしいし、他人にばれずに片付けなければ、着替えなければ……気を遣いながら「またか……」と落ち込み苛立っています。
長引きそうな会議の直前には、対策を万全に施しながらも、不安と闘い続けることになります。
 
しかも、なにより、蒸れるし臭う!
痛い痒い臭いと思いながら、生理が終わるのを待つ……気分最悪です。
 

生理のつらさに歩み寄る

 

ただお腹が痛いとか、イライラしやすいとか、そんな単純なものではないとご理解いただけたでしょうか?
 
わからなくてもいいのです。
今回ご紹介したように、様々なものと戦っているということ、その事実を知り、受け止め、理解しようと歩み寄ってほしい……それが女性たちの想いです。
 
(廣瀬伶/ライター)
 
■本気?遊び?生理中の対応でわかる男性の誠実度
■生理中も快適に!イライラ・体調不良を軽減するには?
■生理中に起こった彼氏とのトラブルあるある
 

pickup!
ライフスタイル】の最新記事
  • 7月5日は「ビキニの日」!男性が大好きなビキニの歴史とは?
  • 20代後半に訪れる人生の迷走期!「クオーターライフ・クライシス」とは?
  • 「実はゲイなんだ」友達からカミングアウトされたらどうする?
  • 部屋が汚と不運になる?部屋を掃除して幸せになろう!
  • パパ活女子の年齢層は? パパに好まれる女性の特徴とは?
  • 生理の量が少ない……これって危険?
  • 間違えると大惨事! 「プチ整形」で感じた恐怖と賢い付き合い方
  • 「本当にこのままでいいのかな?」仕事と結婚に悩むアラサー女性へ