「恋愛するのが面倒くさい」それが本音の女性もいるのではないでしょうか。
 
周囲に合わせて「彼氏ほしいなぁ」なんて言っているものの、実はひとりでコタツに入っているほうが幸せなときもあります。
恋愛は無理にする必要はありません。
今回は恋愛にこだわる必要がない話をしてみたいと思います。
 

恋愛は楽しい反面疲れる

 

大好きな彼氏とすごす時間はほかに代わるものがない幸せな時間です。
 
恋人同士でよりそっているだけでも、「ずっとこのままでいたい」「愛してくれる人がいるだけで幸せ」そんな気持ちになってしまうもの。
 
しかし、恋愛はこれ以上ないくらい、幸せで楽しい反面、「意外と疲れる」と感じている人も多いのではないでしょうか。
 
彼氏のことが好きすぎると、愛されたい気持ちが強くなります。
相手の要望に応えるために頑張りすぎて疲れてしまった経験がある人も多いでしょう。
 
逆に「そこまで好きじゃないかも」くらいの彼氏のために、大切な休日をデートの時間に当てたり、メイクや服装をバッチリ決めたりするのも「なんか面倒」と感じるケースもあるはず。
 
たとえ相手が恋人でも意見が食い違うことや、相手の行動が気に入らないこともあります。
そこでケンカをしたり、グッと気持ちを抑えたりと感情が乱れるのもしんどいもの。
 
恋愛を重ねるにつれてマイナス面のほうが目につくようになる人もいるでしょう。
「いまは恋愛したくない」そんな気持ちになるのは不思議ではないのです。

フリーの時間を楽しもう

 

恋愛が面倒になった女性は、無理をする必要はありません。
 
「彼氏とすごすよりも、家でコタツでノンビリしているほうが癒やされる」そんな気持ちなら、それでいいのです。
 
恋愛は義務ではないのですから、興味がないときは恋愛から距離を置いてしまいましょう。
 
なかには「恋愛しないのは寂しい女に見える」「友達の中で、自分だけが彼氏がいない」なんて周囲の目を気にして無理に恋愛をしようとする女性もいます。
 
しかし、そんな気持ちで彼氏を作っても、心から楽しめずにふたたび恋愛で疲れてしまうことになるでしょう。
 
恋愛をしたくないときは、自分の気持ちに忠実になって、フリーの状態を楽しむのです。
友達との時間を充実させてもいいですし、おひとり様の時間を満喫してもいいでしょう。
 
世の中は自分の思い通りにならないことばかり。
プライベートの時間くらいは、自分の好きなようにすごしましょう。
 

恋愛は成り行き任せでもいい

 

人の気持ちはシチュエーションで変化していくものです。
 
気ままなひとりの時間を一通り楽しんだら、今度は「久しぶりに恋人の温もりが恋しい」と気持ちが変わることもあるでしょう。
 
ふたたび恋愛に興味を持つことができたら、今度は恋愛モードになればいいのです。
 
恋愛なんて無理やりするものじゃなく、成り行きまかせでもいいもの。
 
逆にガツガツしないで、フリーの生活を気ままに楽しんでいるほうが、意外な恋愛の機会が訪れる場合も。
 
無理せずに人生を楽しんでいる女性のほうが、男性から見ると魅力的に見えるケースもあるのです。

まとめ

 

恋愛は楽しい反面、疲れることも少なくありません。
 
「恋愛が面倒になった」そんな女性もいるでしょう。
 
それは決しておかしな感情ではありません。
無理に恋愛をする必要はないのです。
 
やりたいことを、心のままに楽しみましょう。
そしてまた、「恋をしたいな」と気持ちが変われば、恋愛に目を向ければいいのです。
 
(大船くじら/ライター)
 
■男性の本音が知りたい!「カップルの記念日制度」ってあり?なし?
■フリーの状態で「結婚しない宣言」をすることのメリット・デメリット
■「ナンパされてLINEを教えたけど連絡がない」のはなぜ?

ライフスタイル】の最新記事
  • 好きなものに囲まれて過ごすと、人生が豊かになる
  • ミニマリストのメリット・デメリットとは?
  • 人生を無駄にしている?見直すべき7つのポイント
  • 取り組みやすい!稼げる副業4選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • ミニマリストってスタイリッシュでかっこいいの?実践してしんどくない?
  • 身体よりも心が疲れている?アラサー女性のストレスの原因4つ
  • 20代後半。これからのキャリア形成、どうする?