どれだけ楽しい夜を過ごしたとしても、誰もいない部屋へ帰った瞬間に寂しくなってしまう……。そんな一人暮らし女性は多いはず。ときには、眠れない夜を過ごすこともあるのではないでしょうか。
 
しかし、眠れない夜を過ごしてしまっては次の日の仕事に響きますし、体調を崩してしまう恐れもあります。そうならないためにも、一人で過ごす夜を「寂しい夜」ではなく、「休息の時間」にしたいですよね。
 
そこで今回は、「寂しい時間」を「休息の時間」へと変える夜の上手な過ごし方をご紹介したいと思います。
 

最高の癒し空間をつくる

 
一人で過ごす夜を「寂しい夜」ではなく「休息の時間」へと変えるためには、自分にとって最高の癒し空間をつくってあげることが大切です。
 
アロマをたきヒーリングミュージックをかけてみたり、ホットアイマスクをあててみたり。
ストレッチをして体をほぐしてあげるのもよし。
 
気持ちをリラックスさせてあげことができれば、寂しい気持ちもどこかに吹き飛んで、最高の休息の時間になるはずです。

マッサージ機を買ってみる

 
最近は手頃なお値段で充分に満足できる部分マッサージ機が増えています。生活必需品ではないのでちょっと贅沢に感じるかもしれませんが、マッサージ機は眠れない夜を助けてくれるアイテムになります。
 
眠れないことに不安や焦りを感じる時間はマッサージをする時間に変えてしまったほうが、体にも心にもいいと思いませんか? 
 
また、普段からマッサージをして眠る習慣をつければ、「マッサージイコール眠りにつく準備」と脳が判断してくれるようになり、どんな夜であっても無理なく眠りにつけるようになりますよ。
 

自分のメンテナンスをする

 
寂しい夜は、ついつい余計なことを考えてしまいがち。ポジティブなことを考えるならいいのですが、寂しいときほどネガティブなことばかりを考えてしまうものです。そんなときは気持ちを逸らすためにも、自分のメンテナンスに力を入れてみてください。
 
足や手だけでなく、顔の産毛処理・セルフネイル・角質取り・お肌のパック。綺麗になるためにはやることがたくさんあります。
 
寂しい夜は、ゆっくりと自分のメンテナンスをしてあげてください。きっと寂しい気持ちを忘れて夢中になれるはず。
 

まとめ

 
いかがでしたか? 一人で過ごす時間は決して寂しいものではありません。慌ただしい日々に疲れた体と心をゆっくりと整えることのできる贅沢な時間。
 
「寂しい時間」を「休息の時間」に感じることができるようになれば、寂しくて眠れない夜が少しずつなくなっていくものです。
 
忙しい毎日を過ごしているからこそ、一日の終わりに自分の体と心をゆっくりと癒してあげてくださいね。
 
(ライター/遠矢晶子)
 
■【寂しさと甘えのはき違え】自分の本音に気づかず恋をブチ壊す女たち
■強がっていても本当は寂しい心…あなたの深層心理を表す夢占い
■「独りは慣れたはずなのに」おひとり様が孤独を感じる瞬間10選
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • グーグル社も取り入れている「マインドフルネス瞑想」の効果と始め方
  • 同性愛はただの“趣味”か? LGBT当事者の声
  • 自信を持てないあなたへ。自己肯定力を爆上げする方法
  • 理想は「なでしこ」現実は「干物系」!ギャップ女子の実態とは
  • 25歳からの人生、どう生きる? 限られた時間をどう使うべきなのか
  • いつも不安、空気を読みすぎる……心が疲れやすい性格チェック
  • 「脳内彼氏」だけじゃない!妄想女子たちの素晴らしい世界5選
  • 美人すぎてクビに?美人すぎて損した「災難エピソード」5選