自分らしく生きたい、と思えども、どうしたら「自分らしさ」に近づけるか分からない、という人は多いでしょう。今回は、自分らしく生きるためのヒントをご紹介していきます。
 

自分らしく生きる方法1 周囲の期待に応えようとしすぎない

 
自分らしさを失う一番の原因は、「周囲の人や世間の期待に応えようとする」というものです。
 
特に影響力が大きいのは両親でしょう。
両親は、あなたに安定重視の仕事をするように望んだり、結婚し子供を育てたりすることを求めるかもしれません。
 
それがあなたの本当に望んでいることなら問題はありませんが、「期待されているけど、なんだか気が重い」という場合は、それはあなた自身が望んでいないことなのかもしれません。
自分らしく生きたいなら、周囲の期待をプレッシャーや期待、賞賛がなくてもやりたいことかどうかをじっくり考えて行動する必要があります。

自分らしく生きる方法2 周りの人と比較しない・見られ方を気にしない

 
「あの子は結婚して幸せそうなのに、私は結婚に失敗して離婚してしまった」
「彼女は経済的に豊かなのに私はブラック企業に勤めている」
 
など、周囲と比較して自分が劣った存在のように感じてしまう場合は、「比較に意味はない」ことを知るべきです。
 
あなたが羨ましがっている人は、実は他人には言えない悩みを抱えているかもしれませんし、毎日虚しく過ごしているかもしれません。
 
本当に幸せなのかは誰にも知り得ないのです。
周りと比較ばかりしていると、「自分も幸せだと思われたい」という気持ちがでてきます。
 
そして、幸せだと言う顔をしながら、現実とのギャップに苦しむことになります。まずは「どう見られるか」を意識しすぎるのをやめましょう。
 

自分らしく生きる方法3 「こうあるべき」に惑わされない

 
「女性として生まれたからには、結婚して子供を育てるのが幸せ」
「子供はふたりいないと、子供がかわいそう」
 
など、「こうあるべき」という考えに惑わされないようにしましょう。
 
何が正しいとされる生き方なのかは、時代や文化によって変わってきます。
 
「こうあるべき」という生き方なんてなくて、本当は何をしてもいいのです。
「こうあるべき」を捨てるためには、異国に旅したり、日本の保守的な価値観を持っていない人と交流したりすることが有効です。

自分らしく生きる方法4 トライ&エラーを繰り返す

 
自分にとって何が必要なのかは、トライ&エラーを繰り返さなければ分かりません。
興味があることは片っ端から試してみましょう。トライ&エラーを繰り返すうちに、自分らしさが見えてきます。
 

さいごに

 
自分らしく生きることは、自分の人生に責任を持つということです。責任のないところに自由や楽しさはありません。
 
無限の可能性を秘めたあなたの人生を、自分の責任で、自由に羽ばたかせましょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■人生いろいろ⋯⋯人それぞれの「人生で一番つらかったこと」
■人生を棒に振るかも? 彼氏とベッタリ女子の代償とは
■脱恋愛脳!あらゆる人に愛される生き方とは?
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • グーグル社も取り入れている「マインドフルネス瞑想」の効果と始め方
  • 同性愛はただの“趣味”か? LGBT当事者の声
  • 自信を持てないあなたへ。自己肯定力を爆上げする方法
  • 理想は「なでしこ」現実は「干物系」!ギャップ女子の実態とは
  • 25歳からの人生、どう生きる? 限られた時間をどう使うべきなのか
  • いつも不安、空気を読みすぎる……心が疲れやすい性格チェック
  • 「脳内彼氏」だけじゃない!妄想女子たちの素晴らしい世界5選
  • 美人すぎてクビに?美人すぎて損した「災難エピソード」5選