職場や友達と集まってカラオケをする機会が増える時期、できれば多くの人の前で上手に歌いたいですよね。忘年会の前に練習したいと思っているなら、きちんとコツを押さえて練習をしましょう。カラオケをうまく歌うコツをまとめてみました。
 

確実に歌うなら!楽譜を準備する

 
もし高いレベルでカラオケをうまく歌いたいと思うなら、歌いたい曲の楽譜を準備するといいでしょう。大げさに感じるかもしれませんが、歌がうまく歌えるコツは、
 
・音符通り歌えているか
・歌うときに息を流す圧が一定か
 
の2つがポイントになります。
 
最近はネットやコンビニなどで簡単に楽譜が手に入るので、印刷をして楽譜にメモを取りながら歌の練習をしてみるといいでしょう。
楽譜には、その曲の正しいリズムと音符が書かれていて、楽譜の上にはどんな風に歌ってほしいかという指示まで書かれています。
 

息をしっかり流して歌う

 
忘年会の前に練習したいと思うなら、息の流し方についても研究をしてみましょう。カラオケで下手に聞こえてしまう人の特徴は、声が大きかったり、小さかったりと安定しないこと。カラオケをうまく歌うコツは、しっかり息を前に流すようにして歌うことです。
しっかり息を流すと、呼吸が安定してうまく聞こえますよ。
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 自分で触っても感じないのはナゼ? 「くすぐったい」の不思議
  • 平清盛は鬼畜だった⁉︎ 現代ではありえないおそろしいプレゼント
  • たま〜に欲しくなるアレ! 「男手が欲しいと思った瞬間10選」
  • 独身女性の1/3が貧困? 「貧困女子」の言葉にイラッとする理由
  • 退屈な日々はもう嫌!毎日をちょっと楽しくする方法は?
  • 解決への近道!今、あなたが悩みを相談するならこの人
  • 雨が降った日……あなたの心境に起こる変化とは?
  • あなたにはいくつある? 平成が終わるからこそやりたいこと