ライターの網野です。

日本で生活している人にとって「性感染症」はあまりなじみがありませんが、性感染症のひとつである「梅毒」感染者数は2011年以降増えており、2017年は11月時点で昭和48年以来44年ぶりに感染者数5,000人を超えました。

性感染症は放置すると感染部位に症状が出るだけではなく、重症化したり不妊や流産の原因になることもあり、早期発見・早期治療がポイントです。

今回はヘルシーにセックスしたいなら”今”気をつけたい性感染症の兆候を紹介します。

性感染症はこうかかる!


性感染症は挿入だけではなく、オーラルセックスや一緒にお風呂に入っただけでも感染することがあります。なのでセックスをしない人も、旅行先などで他人とお風呂に入った場合は注意が必要なのです。

おりものが多くて下腹が痛い


「りん菌感染症」や「クラミジア」にかかっているかもしれません。「クラミジア」は放置すると「子宮頸管炎」など重い症状に変化するので、早めに医者に行くことをオススメします。

おりものがカッテージチーズ・酒かすのようになっている


「性器カンジダ症」にかかっているかもしれません。治療しなくても重症化はしませんが、放置しても治らないので、早めに医者にかかりましょう。

性器まわりがかゆい・痛い


「性器カンジダ症」や「性器ヘルペス」、「腟トリコモナス症」などさまざまな病気が考えられます。

「性器ヘルペス」は放置しても2〜4週間程度で治りますが、治療しないと再発する確率が高くなります。ほか2つの性感染症は放置しても重症化はしませんが、治療しなければ治らないので、気になったらお医者さんのところに行きましょう。

悪臭がするおりものが出る・泡があるおりものが出る


「腟トリコモナス症」や「性器カンジダ症」などさまざまな性感染症が考えられます。感染症によっては放置すると悪化し、最悪の場合死に至るものもあるので、早めに医者にかかりましょう。

梅毒にかかるとこんな症状が出る


梅毒は「先天梅毒」と「後天梅毒」に分類できますが、このうち先天梅毒は子供が発症するものです。

「後天梅毒」は感染から経過した時間で4段階にわけられます。感染後〜3カ月後、最初の段階であるⅠ期ではかかった部位にしこりができます。しこりはすぐ消えますが、消えても菌は「潜伏」しています。また足の付け根のリンパ節が腫れることも。

感染から3カ月〜3年が経ったⅡ期になると全身に梅毒トレポネーマが移り、全身のリンパ節が腫れ、発熱や全身の倦怠感、関節痛などのさまざまな症状が出ます。

感染後3年以上経つとⅢ期になり、「ゴム腫」や「結節性梅毒疹」と呼ばれるしこりが全身にでき、感染後10年以上が経過するⅣ期になると梅毒トレポネーマが脳や脊髄にも感染し、認知症などの症状が出て生活できなくなります。

最初は軽い症状のみですが、だんだんと重くなっていき、最終的には生活できなくなるので、早期発見・早期治療が重要です。

性感染症かもしれない…と思ったら


「性病科」に行って診察を受けましょう。性器に症状が出ている場合は泌尿器科や産婦人科、のどに症状が出ている場合は耳鼻咽喉科、皮膚に症状が出ている場合は皮膚科でも診てくれます。
パートナーとセックスした場合、パートナーも感染しているので、一緒に病院に行きましょう。

楽しいセックスライフは健康な体から!


楽しいセックスライフも、健康な体あってこそできるものです。もし性感染症が疑われる場合、病院で診察を受けることをオススメします。また気になる人はこの機会に定期検査をするようにし、パートナーで安心・安全なセックスを楽しみましょう。

(網野 新花/ライター)

■「ピルを飲んでいるからコンドームは使わなくてOK」はウソ
■あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
■ただの生理痛だと思って放っておいたら悲惨なことに

ライフスタイル】の最新記事
  • 30代は危険な年! 本当にあった厄年のこわい話3選
  • 男女ともに誰からも懐かれる女性になるには?|エマちゃんの幸せライフハック
  • 私たちがタフな心を保つには?|エマちゃんの幸せライフハック
  • そのやり方、間違ってるかも!小顔に本当に効果的なのはコレ!
  • 同性カップルは子供を持ってはいけない?LGBT当事者の思い
  • 夢占い! 初夢「一富士二鷹三茄子」はどのような意味をもつ?
  • 隠しても出ちゃう!「育ちの悪さ」自己チェックポイント!
  • 素敵なお金の使い方とは? 金銭感覚に現れる人生観