わたしは常日頃、
 
苦手なことは克服しない
嫌いな人とは会わない
イヤだと思ったらすぐその場を立ち去る

 
というように、無理をしないこと、嫌だと思うことをガマンしない、を徹底しています。
 
なぜそうするかって、単純にそういったことをガマンして心を病みたくないし、今生きてる一分一秒をずっと「うれしい!たのしい!大好き!」の気持ちで過ごしたいから。
 

ストレスにまみれるのは勘弁!

 
「ストレス」って最強の病原菌じゃないですか。
 
不眠=ストレス
過食=ストレス
ガン=ストレス
鬱=ストレス
 
もうありとあらゆる不順はストレスからきてると言っても過言ではない。
 
だからストレスを感じて生きるとか、もはや死に急いでると同じ…
 
わたしは楽しく生きたいし、人生をまっとうしたいから、ストレスにまみれるのは勘弁なんです。

どんなに小さなストレスでも自分のために逃れるべき

 
そうなると、怠惰な人間になりそうでこわい?
いいえ、逆なんですね。
 
人間、ストレスのない生活をしてると、活力に満ち溢れ、やりたいことをやろうと思え、余裕ができ、人に優しくなり、自分に自信がついてきます。
 
現代社会でストレスのない生活をするにはそれこそパワーがいるもので。
意思の強さ、フットワークの軽さ、行動力など、我が道を行くにはパワーがいるのです。
 
よく、なんでそんなに色々できる体力あるの?
とかなんでそんな細かいところにまで気が回るの?
と思える人いるじゃないですか。
 
私たちにとっては面倒くさいものでも、それが彼らにとっては楽しいことだったり、それで返ってくるものがよほど嬉しいことだったり、その行動自体が「彼らの喜び」となっていて、全然体力を使ってる気にならないし「気を回すっていうかやりたいようにしてるだけ」っていうパターンがほとんどなんですよね。
 
逆に言えば、
 
・嫌いな人といつも一緒にいる
・不快だと思っても我慢する
・合わないと思ってるのにずっと変えない
・認めてもらえないのに固執する
・愛されていないのにそばにいる
 
これを無意識に選択してる人、ヤバい。
病むよ、そりゃ病みますよ。

 
だってずっと無理してるんだもの。その無理はあなたからポジティブなパワーをどんどん吸い取るし、幸せを感じる瞬間を減らしているから。
 
だからね、例えば小さなことだけど、電車で隣になった人が、ニオイなり音なり、すごく不快に感じる人だったとするじゃない。
そしたらわたしは0.3秒で隣の車両に移動するのね。
 
そこでガマンしてもしょうがない。
わたしも不快だし、「不快なんだけど!」って敵意のある視線と、態度を降り注がれる相手もかわいそう。
 
こういう必要のないガマンは徹底的にしないの。
 

結果的にハッピーになるときだけガマンをする

 
わたしがガマンするときは、例えば、疲れてるけども夫が話を聞いて欲しそうだったら疲れを見せずにしっかり話を聞くだとか、
スポーツをしていて、乗り越えた先に成長がある…!と確信しているときのツラさとか…
 
とにかく自分自身や、関わる相手が“結果”ハッピーになるガマンしかしない。
 
それが、どちらかだけがハッピーで、どちらかは不幸、だったら選ばないかな。
 
くだらないところでガマンしてストレス溜めて、大切な場面や大切な人の前で鬱憤を晴らすなんて、身もふたもないじゃないですか。
 
だからわたしはそういう事態にならないように、小さなストレスから気をつけています。

自分を活かせる世界は他にある。小さい世界から脱しよう

 
ガマンしない、のその先に行くと、とにかく好きなことをする、自分を活かしきる、という選択をする人生になってきます。
 
例えばわたしのもとには
 
「今働いている職場が嫌で仕方ないです。でもここですぐやめるやつはどこに行ってもすぐやめるやつだ…と言われて自分でも心配になります…」
 
というような相談もきます。
 
それに対してのわたしの答えは「今すぐやめたらいい」
 
「ここでは自分が活かしきれない」と思ったときはやめたらいいです。
 
偉大な料理人も弁護士の勉強をしろって言われたらポンコツかも知れない。
偉大なピアニストもエンジニアになれって言われたらポンコツかも知れない。
 
逆を言えば弁護士としてポンコツだった人は偉大な料理人になれるかも知れないし、
エンジニアとしてポンコツだった人は偉大なピアニストになれるかも知れない。
 
厳しい家庭に育ったり、1つの世界にばかり留まってきた人は自分の知る世界が狭かったり、「普通は〜」「常識では〜」「うちでは〜」という小さな枠に収まってるかも知れない。
 
本当はあなたには色んな可能性があるのに、その可能性を活かせる世界を知らないばっかりに、自分の今いる世界でポンコツだって決めつけるのは非常にもったいないし、ポンコツなんてことないですし。
 
だから「自分が活かしきれない」って思った世界には、よほど好んでそこに留まりたくない限りは、とっとと見切りをつけて別の世界に踏み込んだらいいと思う。
 
それは人でも一緒。あなたの価値がわからないひと、あなたを大切にできない人と一緒にいてもあなたは小さな世界で認められずに小さく終わるだけ。
 
高圧的な人が居て縮こまってしまって本来の良さを発揮できない、
 
とか
 
なぜかこの人と一緒にいるとわたしはダメな人間だ…思ってしまう
 
ような人とは一緒にいない方がいいですよね。
 
環境でも人でも、そこに居ると「どんどん自分がけずれていく」ってところにはいない方がいいです。
 
ガマンでも、努力でも、自分が削れてくものじゃなくて、ポコポコ自分のための実になっていくものがいいですね。
 
小さなことでも、あなたを削るガマンはやめましょう。
そして自分の魅力が発揮される、自分を活かしきれる場所に行きましょう。

 
(エマちゃん/ライター)
 
yummy!で大人気のライター、エマちゃんの次のコラムは10月12日(土)17:30公開予定!
お楽しみに!
 
■コンプレックスとの向き合い方。|エマちゃん
■キレイな人は何が違う?美しい人の頭の中|エマちゃん
■いい子なのに幸せになれない原因|エマちゃん
■本当に自分を愛してくれる人を見つけられない人へ|エマちゃん
■彼女をメンヘラにするダメ男の特徴って何?|エマちゃん
 
【エマちゃんの記事をもっと読む】
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 臨床心理士が教える「コミュ障」とコミュニケーションを取る方法
  • なんか違う!ネットショッピングの失敗談4選
  • 世代診断|あなたはどれ?自撮りのポーズで検証!
  • デートの定番!映画館で男性が幻滅した女性の言動
  • ウィンドウショッピングは苦痛? お買い物デートに対する男性心理とは
  • 自分が認められる世界の見つけ方|エマちゃん
  • あなたは大丈夫? モテを遠ざける「内面ブス度」チェックリスト
  • 育てかた次第で最強の戦力に! A型後輩を育てるコツ10項目