「ベッドでスマホを観て夜更かししてしまうクセをやめたい」
「英語の勉強をしたいのに、漫画ばかりよんでしまう」
など、「だめだだめだ」と思いながらもなかなかやめられない習慣ってありますよね。
 
今回は、罪悪感のある習慣をやめるためのヒントをご紹介していきます。
 

罪悪感のある習慣をやめる方法とは?

 
今回は、罪悪感のある習慣をやめるための4つのヒントをご紹介していきます。
 
罪悪感のある習慣をやめるためのヒント1 まずはやめたいこと可視化
なんとなくやめたいと思っているだけでは、悪習慣を断ち切ることはできません。まずは、自分が何をやめたいと考えているのかを可視化しましょう。罪悪感がある習慣を書き出してみて、「これをやめたい」「一週間やめてみる」など紙に書き出して決意表明しましょう。
 
罪悪感のある習慣をやめるためのヒント2 習慣を始めるきっかけをつぶす
やめたい習慣を見つけ出したら、まずは悪い習慣をはじめるきっかけになる事柄を把握しましょう。たとえば、「いつもインスタグラムを寝る前に見始めてしまい、夜更かししてしまう」ことをやめたいとします。夜更かしするきっかけはインスタグラムですから、そのきっかけとなるアプリを削除してしまえばよいのです。
 

関連キーワード
ライフスタイル】の最新記事
  • 昼食抜き・ぼっち飯女子は要注意! 楽しいランチが必要な理由
  • 夜型は恋人ができやすいけど太る?研究で判明!朝型と夜型の利点
  • 人の幸せが妬ましい……! アラサー女子が病みがちな友人の幸せ5選
  • 「早く別れないかな」女子が語る! 友だちの彼氏が大嫌いな理由5選
  • 偉い男ほどスケベ? 社会的地位の高い男がセクハラしてしまうワケ
  • そこまでして痩せたいの? 男がドン引きする女子の要注意ダイエット法
  • 疲れが溜まって現実逃避したい!プチニートジャーニーのススメ
  • 今日から「自分らしく生きる」ためにできる4つのこと