みなさんは十分な運動をしていますか? それとも運動不足でしょうか?
ハーバード大学の研究者たちは、「運動不足はタバコを吸うのと同じくらい身体に悪い」と指摘しています。

 

運動不足解消ブームが起こる?

 

世界保健機関(WHO)が発表した「世界保健統計」(※1)によると、2008年の世界の総死亡者数は5,700万人。そのうち63%にあたる3,600万人が、生活習慣病が原因となって死亡しています。この生活習慣病の大きな原因は「運動不足」と言われています。

ハーバード大学医学部の研究者たちは、運動不足は喫煙と同じくらい健康に悪いと発表しました。研究チームのひとりミン・リー医師は、「世界の人口の1/4が喫煙者ですが、その2/3には喫煙による症状が出ていません。運動不足による生活習慣病で死ぬ割合は、これと同じかそれ以上です」と指摘。

この現状をふまえてリー医師は「現在タバコを吸うひとが煙たがられるように、将来的には運動をしないひとも社会的にのけ者になることを望んでいる」と言っています。運動不足の恐ろしさを甘く見てはいけない、ということですね。

WHO(※2)によると、15歳以上の日本人の65.3%は運動不足だとされています。中国の運動不足率は30.6%、ドイツは30.4%、肥満大国のアメリカでも43.2%と日本より低い数字。日本人は世界的に見てもかなりの運動不足のようです。

厚生労働省の定めた運動指針(※3)では、週4回のジョギング(35分)をするのがよいとのこと。もちろん運動したほうがいいことは分かっているけど、忙しくて運動なんてしているヒマはないというかたも多いのではないでしょうか。

ハーバード大のリー医師は、「通勤をウォーキングや自転車通勤にするのがいいと思います」と語りました。

禁煙ブームから、今度は運動不足解消ブームがやってくるかもしれません。

忙しく働いているかたは、職場のひと駅前で降りて歩いてみたり、この機会に流行りのオシャレな自転車を買って通勤してみてはいかがでしょうか。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Sam 森崩

ライフスタイル】の最新記事
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
  • 脱毛ブームの影で新たなるフェチが誕生!剛毛女子の魅力とは?
あなたへのおすすめ