アラサーにもなると、何かと頭でっかちに考えすぎてしまうことがあります。

 

一歩踏み出す勇気を!

 

でも、考えすぎている間にも時間は過ぎて、もう手遅れ……なんてことにもなりかねません。タイムリミットが迫ったアラサー女性に足りないのは、経験値じゃなく直観力!
ということで、直感を信じて成功した女性たちのエピソードをご紹介します。

●その1:流れに身を任せられる

「会社の先輩ふたりが婚活をはじめたんですが、A子先輩は結婚を焦り過ぎて、相手の条件ばかりをチェックしている。その間に、B子先輩があっさりゴールイン。ルックス的にA子先輩のほうがキレイなのに。コツを聞いたら『条件に合わないけど流れでデートしてみたら、すごくいいひとで運命感じちゃった』らしい。私も婚活するとき、これを参考にしようと思う」(23歳/IT)

●その2:とりあえず、やってみる精神

「フラダンス教室に通っていますが、友人たちに声をかけても、『フラダンスって女ばっかりで出会いが望めないじゃん』と言われることも。でもC子は『楽しそう!』とアッサリ習うことが決定。そしたらなんと、伴奏のイケメンウクレレ奏者の男性をゲット。フラダンスの腰使いで彼を虜にしているそうです」(34歳/商社)

●その3:タイミングを見極める

「急に仕事を転職した女友だちを心配して女子会が開かれましたが、そこで彼女は『前の会社が嫌だったわけではないんだけど、今だと思った』とのことでした。『自分が決めたことなら絶対後悔しないから、みんなには相談しなかった』と言うように、なぜか自信満々。女として輝いているのであこがれます」(25歳/美容)

●その4:ビビッとくる直感

「恋愛上手な友人に秘訣を聞いたら、『彼とは上手くいかないわ』と思ったら好条件の男もあっさり振ったり、脈なしの男にも『もうちょっとで彼の気持ちが傾くかも』と駆け引きしたり、まさに『ビビッときた』を実践しているらしい。この方法じゃさすがにマネできない」(30歳/派遣社員)

●その5:敵を知る勇気

「『この女性とは上手くいかないな』とか『彼とは付き合うことになるな』とかが、初対面のほんの数分で分かるのだという彼女。そして上手くいかないと思う相手には、避けるのではなく、積極的に話しかけて、どんな人なのかを把握するのだそうです。備えあれば憂いなしの無敵状態」(28歳/医療)

一度決めたことを頑張ることは、とても大切ですし、応援してあげたくなります。ですが、筋を通そうとしたがゆえに前に進めなくなっていては、どうしようもありませんよね。

アラサーになると一歩前に出ることに慎重になってしまいますが、後ろを振り返ってもいられません。自分の直感を信じて踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

関連コラム

 

別れた彼ともう一度やり直したい!復縁を成就させる方法とは?
イケない関係から相手を本気にさせた女性の行動とは?
自分とは釣り合わない?魅力的な彼と付き合うために
憧れの彼を自分のもとへ引き寄せる方法とは?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Jack Batchelor

ライフスタイル】の最新記事
  • あなたにオススメの趣味
  • 私が衝動買いがやめられない原因ってなに?
  • あなたの心の傷は今、どのくらい回復してる?
  • どうしてお気に入りのものをなくしてしまったの?
  • どうして私は人によくぶつかられてしまうの?
  • あなたの努力の方向性は合っている?
  • 不意に来る悲しみの正体はなに?
  • なぜかお金が足らなくなります…どうして?