1月5日、すしチェーン店『すしざんまい』が築地の初競りで大間産クロマグロに史上最高値の5,649万円をつけたそうです。
このマグロを超破格の1貫398円で提供することを発表すると、テレビ、ネットで大きな話題となりました。
5,649万円のマグロとはいったいどんなものなのか、筆者も味わってまいりました。
まずは競り落した『すしざんまい』社長に拍手を送りたい。ただ、果たして5,649万円の元は取れるのか? が筆者の気になるところです。

 

「日本が頑張らないと」と史上最高値をつけた男

 

1月5日、東京・築地の中央卸売り市場で初競りが行われ、青森県大間産クロマグロが5,649万円(268kg=1kgあたり21万円)で競り落とされました。
去年の3,249万円(342kg=1kgあたり9万5千円)を大幅に上回る、超ご祝儀価格となりました。
競り落としたのは高級すし店ではなく、“安くて24時間営業”のすしチェーン店『すしざんまい』の木村清社長。この5,649万円のマグロは都内の各店舗で1貫398円で提供されるそうです。

すしざんまいの快挙は民放各局のニュースやワイドショーで取り上げられ、「すしざんまい」はGoogleの急上昇ワード、ツイッターのトレンドにのぼりました。
同社の公式HPはアクセスが集中し、一時繋がりにくい状態になるほどです。

築地の初競りの最高値はここ数年間、老舗高級すし店『銀座 久兵衛』と香港のすしチェーン店『板前寿司』が共同購入をして競り落としていました。
すし業界の噂では、「このタッグは『予算はいくらかけてもかまわない、とにかく最高値を』というスタンスで初競りに臨んでいる」とのこと。
それに競り勝ってしまう木村社長の意気込みは、並大抵のものではなかったでしょう。
「東日本大震災もあり、今回は日本勢ががんばらないといけないと思った。
最高のマグロを手に入れて、海外ではなく日本のみなさんに食べてもらいたかった」
という社長の言葉から、熱い魂を感じます。

(参照:「J-CASTニュース|大間産クロマグロ史上最高値5649万円 「すしざんまい」が「一貫398円」で提供へ」より)

 

原価でも1貫16,000円なのに超破格の198円!

 

マグロの可食部分は全体の60%と言われています。可食部分160kgを1ネタ10〜20gで単純計算すると、原価でも16,000円〜8,000円はするでしょう。
しかしそれを、通常価格の大トロ398円、中トロ298円、赤身198円(すべて税抜き)で提供するというのです。

(参照:「手前板前|マグロが刺身になるまで」より)

さっそく、筆者もこのマグロを味わいに行ってきました。
場所はすしざんまい渋谷東急本店前店、時刻は22時。
すでに完売かと思いきや、まだ大間のマグロはありました。
5日の朝に競り落とされ、すしざんまいの築地本店でマグロ解体ショーが行われ、夜になってから都内の各店舗へ納品されたとのこと。
板前さんたちは今朝、このニュースを聞かされ、朝から対応に大慌てだったそうですよ。

筆者は赤身と中トロを1貫ずついただきました。今まで食べてきたマグロよりも味の深みがありました。とくに赤身の身は繊維が細かくて、まろやかな味わいで、食べ終わるのが名残惜しい1貫です。
ちなみに大トロは納品されておらず、限られた店舗のみの提供だったそうです。

さらに、大間産のマグロと通常のマグロを食べ比べてみました。やはり濃厚さが違います。
すしざんまいの板前・相田さん(30代男性・趣味ひなたぼっこ)によると、
「通常のマグロはいい時期に獲れたマグロを冷凍にしてあるので、トロなんかの脂身は通常のほうがおいしいかもしれません。
ですが、赤身のおいしさは生がいちばん味わえますね、段違いです」
ということでした。

 

『赤身の旨さを表現する粋なフレーズ』をおひとつ

 

アラサーともなればトロではしゃぐよりも、“赤身”の旨さをしっとりと語りたいものですよね。
そこでプロである板前・相田さんに『赤身の旨さを表現する粋なフレーズ』を教えてもらいました。

●「赤身のおいしさは、独特の渋みにある」

なるほど、さすがはプロの表現です。“渋み”とは鉄分を含む味の複雑さを表現しているそうです。
おすしデートの際に、ツウぶって活用してみましょう。

 

はたして5,649万円の元は取れるのか?

 

すしざんまい渋谷東急本店前店では、5日19時ごろに大間のマグロが入荷し、23時過ぎに完売しました。
一時は行列ができるなど、かなりの集客があったようです。
テレビでの報道、ネットのニュースサイト、SNSの口コミなど、5,649万円を広告費だと思えば、十分な宣伝効果が出たのではないでしょうか。今もHPのアクセスはつながりにくい状況です。
しかも社長の男気アピールもできて『すしざんまい』の好感度は一気に上がったはずです。
社長がいつごろから「今年は最高値、獲ったるで」と決意していたのかが気になるところですね。

今年は日本愛に燃える民間企業の活躍に期待したいと思います。

◆「粋」な企業に脱帽!
企業の変革!「実際にあったユニークで羨ましい社則7選」
センスに脱帽!クスリと笑えるパロディネーミング傑作選

 

関連コラム

 

ルイ・ヴィトンが日本の牡蠣を救う
新しい震災支援!復興かきオーナー制度
世界が感動!J・バーキンの震災復興支援
笑っちゃう!傑作の迷惑メール3選
2012年ホットワードは「遺伝子」

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
お腹が痛くなるほど笑っちゃう!「笑えるネタ記事5選」
女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」
Written by 郷雷子

ライフスタイル】の最新記事
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!