自分の子どもを持つかどうかは、人生において重要な選択肢のひとつですよね。

 

幸せになるかどうかは自分の気持ち次第?

 

 ここ近年は女性のライフスタイルも多様化しており、結婚はせずに独身で過ごす人、子どもはいらないけど結婚はしたい人など生き方は実にさまざま。
そんな結婚観、夫婦観を考えさせられる、子どもの有無にまつわる興味深い研究結果が米大で発表されました。

 米プリンストン大学とストーニーブルックの大学の研究チームが「子どものいる夫婦といない夫婦では、どちらの方が幸福なのか?」を調査したところ、子どもがいるかいないかで人生の満足度に「ほとんど差はない」という結果が米科学アカデミー紀要に掲載されました。

 これらは調査機関ギャラップが米国人180万人を対象に、2008年〜2012年に実施した調査結果をもとに調べたもの。このなかには子どもを持つ34〜46歳の男女も含まれていたようですが、おおむね研究結果に違いはなかったようです。

 しかし、ギャラップの調査結果と比べて、今回の研究で唯一違っていた点が「子どもを持つ夫婦の方が、大きな浮き沈みを経験しがちだった」こと。

 この結果について、ストーニーブルック大学のアーサー・ストーン教授いわく「子どものいる夫婦は人生の喜びが多い一方で、ストレスや負の感情も多い」と説明。つまり、子どもの有無に幸福度は関係ないとしながら、子どものいる夫婦は子どもがいない夫婦に比べて、幸福を感じる波が大きいという分析なのかもしれません。

 たしかに子どもがいれば、子どもと関わる時間もそれだけ長くなるので、子育ての大変さや子どもがいることで感じられる幸せも、その分増えそうですよね。

 一方で、こんな研究結果もあります。英オープン大学が英米で5000人を対象に行った調査によれば、子どものいない夫婦の方が子どものいる夫婦に比べて、夫婦関係に対する満足度が高く、関係を保つことを努力していると判明。

 「人生で最も大切なのは誰か?」という質問に対して、子どものいる女性は自分の子どもを、子どものいる男性は自分のパートナーを挙げる傾向にあったそうです。こちらの調査では『子どものいる女性の方が、子どものいない女性よりも幸福度が高い』という結果が出ています。

 結局のところ、子どもの有無が幸福度に繋がるかどうかは、調査結果によってまちまちのよう。

 もっといえば、子どもを持つ選択肢は自分がどうしたいかによって、その後の幸福度も大いに変わってくるのかもしれません。
アラサー世代のいまだからこそ考えたい、結婚後のライフスタイル。あなたなら子どもを持つ選択肢について、どう考えるでしょうか?

 

関連コラム

 

婚活、復縁、恋愛の悩みを解決する成功の法則とは?
彼に恥をかかせないための「彼友」との上手な付き合い方
人見知りで99%諦めていた恋愛運を上昇させ結婚につなげる方法
彼から永遠に愛されるために欠かせない「唯一の法則」
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Dustin J McClure

ライフスタイル】の最新記事
  • アラサーなら絶対必須!プラス1で超好感度アップの流儀3選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
あなたへのおすすめ