先日、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記(69)が亡くなり、三男の金正恩(キム・ジョンウン)氏(28)が正式な後継者となりました。
今回の政権交代で、北朝鮮は建国から三代続く世襲政治となります。

代々続いている「将軍様」たちは、それぞれとてつもない伝説を持っています。
マンセーとは、朝鮮語で万歳という意味ですが、その驚くべき伝説を『将軍様マンセー伝説』とし、その数々をご紹介いたしましょう。

 

初代:金日成(キム・イルソン)編

 

まずは、「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)」を建国した、初代将軍様・金日成(キム・イルソン)の伝説をご紹介いたします。

●その1:天が生んだ偉人である

天が生んだお方である。千年に一人の偉人であり、国境も、民族も超越した存在である。

●その2:百戦不敗である

将軍様が率いる軍隊は神出鬼没、百選不敗の勇士のみ。
将軍様が支給した弾には目があり、敵軍に百発百中で命中した。

●その3:紙を自由自在に変化させ戦うことができる

紙で船を作って河を渡り、紙で飛行機を作り敵地へ攻め込んだ。

●その4:瞬間移動することができる

また、縮地法という、地を縮め数歩歩くだけで瞬時に数百数千里を移動することができる術法も使う。

●その5:人民にお優しい

寒さに震える人民のために、銃弾も貫くことができない防寒防弾の布団をプレゼントした。

●その6:国宝級の達筆である

将軍様の字体は、東西古今を問わず有名な書家たちの長所が全て結合されたもので、“太陽書体”と呼ぶに値する。その筆跡は国宝として保管された。

●その7:愛の化身である

アメリカのある牧師が将軍様に会った際に、「キリストが今日も崇拝されるのは彼の博愛精神が理由だが、将軍様はキリストすらも比べることができない愛の最高化身だ」と感嘆した。

(参照:「長白山ネット|金日成神話」より)

○北朝鮮の教科書ではこのように教育されていて、金日成は今もカリスマ的人気なのだそうです。
この伝説はかなり誇張されていますが、スターリン型の政治手法を用いて国を独裁体制に導いたヤリ手の軍人であることも事実です。

 

二代目:金正日(キム・ジョンイル)編

 

つづいて、先日死去した二代目将軍様・金正日(キム・ジョンイル)の伝説をご紹介。

●その1:聖地にて出生した

将軍様が生まれたのは、北朝鮮の聖地・白頭山である。その際、空には二重の虹がかかり、輝く新星が現われ、流れ星が流れた。
北朝鮮では、将軍様誕生の聖地へ巡礼することを全国民の義務としている。

●その2:非凡な才能である

生後3週間で歩き、8週間で言葉を話した。
大学時代の3年間で1500冊の本を書き、6本のオペラを作曲した。

●その3:ゴルフの才能がある

52歳のとき初めてゴルフコースに出たにも関わらず、1ラウンドのうち合計11回のホールインワンを達成し、どのホールも最悪でバーディー、スコアは38アンダーという驚異的な記録を達成した。
(参照:「AFP BBNews|初ゴルフで11のホールインワン、ツイッターに金総書記の死去惜しむ声多数」より)

●その4:超能力がある

地震を起こすことができる。日本地図を黒く塗りつぶし、日本に大型台風を発生させることができる。また、父親と同じく「縮地法」の瞬間移動が使える。

●その5:単なる世襲政治ではない

初代・金日成から、息子の金正日へ世襲したのではなく、もっとも優れた後継者がたまたま金正日だった。

●その6:プリンセス天功の大ファン

マジシャン引田天功を招き公演させた。
そして、巨大な水槽から脱出するイリュージョンの際、北朝鮮の水で肌が荒れることを心配し、2トンの「エビアン」を用意した。
(参照:「ニコニコ動画|『サバイバル女道』出版記念!辛酸なめ子×プリンセス・テンコー 特別トークショー【サイゾーテレビ】」より)

●その7:高級車が好き

愛車はメルセデス・ベンツのSクラス、フォルクスワーゲン・フェートン、バイクのハーレーダビットソン。公用車にはリンカーン・タウンカーを使用。

●その8:ファッションアイコンである

将軍様独特のファッションである、チリチリパーマ、サングラス、上下そろいのスーツ、シークレットブーツは世界の注目の的となっている。

(参照:「ウィキペディア|金正日」より)

○誕生日には盛大に軍事パレードが行われ、彼に奉仕をする美女軍団「喜び組」が結成された将軍様。この人気は非凡な才能がなければ成り立ちません。

 

三代目:金正恩(キム・ジョンウン)編

 

そして、新たなる最高指導者となった若き金正恩にも、すでに伝説が出来上がりつつありました。

●その1:すでに高評価である

すでに「誰の追随も許さない天才的英知と知略を兼ね備えた軍事的英才」「現代の軍事科学と技術に精通した天才」と評判が広まっている。

●その2:賞賛する歌がある

新しい将軍様を賞賛する「パルコルム(足取り)」という歌を人民の間に普及しつつある。

●その3:看板が立った

立ち寄った場所には「尊敬する金正恩大将同志が現地指導をされた建物」と書かれた訪問記念の看板が掛けられている。

●その4:ハクが付くように出生を調整中である?

強盛大国元年の2012年に、金正恩氏がちょうど30歳になるように、生年月日を修正した。
名前も、光を発するという意味を持つ“銀”が入った「金正銀」に改名するという話も一時持ち上がった。

(参照:「朝鮮日報|北新体制:金正恩氏に次々と新たな称号」より)

○新しい指導者の地位を固めるため、政権交代の直後はこのような力技のプロパガンダが行われるようです。

 

北朝鮮がどのように変わるのか注目

 

北朝鮮の政治は、『朝鮮労働党』という政党がすべての活動を指導している独裁体制です。
この独裁体制を保つために、政府は厳しく報道規制をして、国民が「将軍様」を神のように崇拝するように洗脳するのです。

北朝鮮が抱えている貧困問題、人権問題、他国との軍事的衝突などは、国際社会から強く非難されています。日本の拉致問題もまだまだ解決まで遠そうです。

新しい「将軍様」正恩氏には、ぜひとも平和的な政治を望みたいですね。

◆気になる隣国事情…
金正日死亡!これからどうなる?北朝鮮の気になるポイント7選
韓流ブームに警告!韓国はアジア1の女性被害が多い事実

 

関連コラム

 

アメリカ人のオーガニック狂いが異常!
アラサー女を狙う!バリ島ジゴロのテク
ブータンで超有名!ダショー・ニシオカとは
日本人が知らないトルコとの深い歴史
茶のしずく石鹸で重大なアレルギー被害

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
アラサー独女がクリスマス直前に読んでおくべき記事5選
お腹が痛くなるほど笑っちゃう!「笑えるネタ記事5選」
女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」
Written by 浅川有紀
Photo by MikeBehnken

ライフスタイル】の最新記事
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!
  • 真夏のホラー|本当はこわい「色情霊」妙にリアルでエッチな夢を見たら?