子供の熱の対応が難しい理由は幾つかありますが、その理由の1つに「簡単に上がってしまう」ことがあると思います。

 

寝かせる場所や風向きに注意

 

 体温調節がしっかりできる大人と違って、子供はちょっとしたことで「気が付いたら急に38度」ということもあるかもしれません。また本人がぐずったりしていると、上手にはかれないこともあり、温度計の数字を信用していいのか判断に困ることもありますね。

勿論お医者様に診てもらえるタイミングなら、すぐに受診すればいいと思うのですが、それがなかなか出来ない時の対応などをご紹介します。

 医学的には、小児の熱も「37度5分」からが微熱とされます。感染症を例にすると、細菌やウイルスに感染した際に、体に備わった免疫機構により体温調節のポイントを高く設定して、病原菌を追い出そうとする働きにより発熱します。つまり熱が出るのは体が病原菌などと戦っている最中というわけですから、これをむやみに下げてしまうというのは体にとっては都合が悪いということになります。特に子供の熱は熱さましを使用しても急に下がらないことが多く、39度近い熱は1度も下がらないということもあるでしょう。熱がどのくらい下がったか、という観察も大事ですが、それよりは「本人が少しでも楽になったかどうか」で熱さましの効果を評価することも重要でしょう。熱が下がらないからといって立て続けに熱さましを使用するのは避けましょう。

 その他の対応としては、子供は大人よりも水分の比率が高いため、発熱に伴う発汗で急に脱水を起こす可能性もあります。汗をたっぷりかいたらこまめに水分補給をしましょう。初期のうちはいつも口にしている水分、お茶やジュースでも良いですが、お肌のハリが無くなった、目の周りが窪んで顔色が悪い、尿量が減ったなどのサインは脱水の前触れですので注意しましょう。このような場合は水分だけでなく、電解質を程よく含んだ経口補水液の補給が有効とされます。

 そのほか、首や腋、足の付け根などの太い血管が走っている付近を、ぬらしたタオルを固く絞ったものや冷却用ジェルなどで冷やしてあげるのも体温を下げるのに有効ですが、本人が嫌がる場合は無理に行う必要はありません。お話のできる年齢の子供だと「熱い」「寒い」と色々言うかもしれませんが、本人の言うのに応じて脱ぎ着をさせたり布団の調節をしてあげると良いでしょう。また夏場は部屋も暑くなっていることも多いので、扇風機やクーラーなどを上手に活用し、部屋の温度をコントロールするのは大切ですが、冷風が直接体に当たらないように、寝かせる場所や風向きに注意をする必要があります。

 

関連コラム

 

「好きな人ができた」フラれた元彼と復縁できる唯一の方法
彼氏いない歴2年の私が1か月で素敵な彼氏をゲットした方法
Xmas目前、お一人様女子に訪れた20代最後のチャンス
結婚したい女子”が三十路ギリギリに駆け込んだスピード恋愛婚

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by sathyatripodi

ライフスタイル】の最新記事
  • 快適に仕事したい! 職場の面倒くさい「お局」と上手く付き合う方法
  • 生理前・生理中のイライラ、体調不良…… 女性が彼氏に理解してほしいこと・デート中の注意点
  • 何をしてもダメ……「運気が下がっている時」にやるといいこと・いけないこと
  • やりすぎ注意! 男性が思わず引いてしまう女性の「自分磨き」とは?
  • 実はイラっとしてる……男性が女性に求められる「男らしさ」
  • それアウト!結婚したいアラサー“タラレバ女子”の解決策
  • 一ヵ月ゼロ円生活!働かずに生きて行く方法とは?
  • 「もう頑張れない…」そんなとき、どうしたらいい?|もちぎ