生理は人によって、周期も量も違ってくるものです。

 

生活習慣を見直して

 

 そんな中で、生理が長いと感じる方は、億劫な時間が多くなっていることと思います。肌への負担も多くなり、また、ホルモンのバランスも悪くなるので、精神的に負担が大きくなっていくと思います。また、周期が不順であったりする事もしんどくなる原因の一つです。量も多い人と少ない人といます。
  
 その要因として、生活習慣であったりもします。規則正しい生活やバランスの良い食事を摂るといった方法も有効ですが、なかなかそう簡単には出来ないものです。生活習慣を見直ししても改善されない場合も多くあります。それはやはり、体質的なものからくるものかもしれないからです。自身で有効と思われる方法を試しても効果が現れなかった場合には専門家へ受診することをお勧めします。

 専門家とは、婦人科ということになりますが、婦人科を受診することはためらわれがちです。しかし、調べてみると、女性の婦人科の先生がいる病院もありますので、少しは抵抗なく受診できると思います。専門家に受診することで、自分の体質がわかり、その状況や体質によって、薬の処方や食事療法や生活習慣の見直しのための助言をしてくれます。吹き出物が多く出来ていた人が、婦人科にかかることによって、体質改善につながり、肌も良くなったという方は多くいらっしゃいます。個人差がありますので、絶対とはいえませんが、少なくとも自身で判断して市販薬を飲むよりは、安全で効果が期待できると思います。

 生理は女性特有のものであり、なくてはならないものです。子供を授かるのも女性の特権といえます。しかし、その負担は多くの人にあるものになっています。男性にはわからないものです。痛みを伴う場合には、鎮痛剤を服用する人も多いと思いますが、この鎮痛剤も胃への負担があったり、眠気が出たりと、人によっては鎮痛剤を飲むことでさえしんどいという方もいますが、痛みはそう簡単に軽減できるものではないと思います。温めるという方法も効果的ということですが、痛みがあっても、動くということも効果的のようです。痛みがあるとどうしても動かず安静にしがちですが、動くことによって、痛みが和らぐということもあるようです。子宮から必要ないものが剥がれる際に痛みを伴うこともあるとのことですので、その剥がれる際に動くことによって、剥がれる速度を促進させ、また、収縮を良くする事によって痛みを緩和するのかもしれませんが、専門家でないと実際のところの原因は個人差があるので把握できないと思います。受診することで、不安感が少なくなることも事実だと思います。

 

関連コラム

 

「好きな人ができた」フラれた元彼と復縁できる唯一の方法
彼氏いない歴2年の私が1か月で素敵な彼氏をゲットした方法
Xmas目前、お一人様女子に訪れた20代最後のチャンス
結婚したい女子”が三十路ギリギリに駆け込んだスピード恋愛婚

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by feelim

ライフスタイル】の最新記事
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法
  • 生理の時にこういう対応してくれる男性はモテる!
  • 身近な男性が「神」に見えた体験エピソード5選
  • なぜデリケートゾーンは黒ずむの? 誰にも聞けない理由と対処法
  • 夏の天敵「あせも(汗疹)」原因と対処法をご紹介!
  • 真夏のホラー|本当はこわい「色情霊」妙にリアルでエッチな夢を見たら?