みなさんは、生理前になると現れるこんな症状に悩まされたりすることはありませんか?

 

上手に対処して乗り切ろう

 

 「生理前になると頭痛がひどくなってしまう」「昔から生理前になると決まって憂鬱な気分になる」「生理前はなんだか眠くなってだるい」など、自覚症状はあるものの特別な対処をしていない人も多く、中には毎月のことだからと我慢して、ひどい症状に悩まされ続けているなんていう人も。女性の身体はデリケートなもの。身体が発するサインに耳を傾けて、きちんとした対処法でケアすれば、もっとずっと楽に過ごせるとしたらいいと思いませんか?生理前の時期、高温期に入っている身体の不調は、月経前症候群と言われる症状で、英語でPremenstrual Syndromeと呼ばれることから略してpmsと言われます。生理が始まる3日から10日ほど前に、イライラしたり、憂鬱になったりするほか、頭痛や肌荒れ、便秘の症状など色々と不調な症状が出ます。ひどい人は、人と会うのも嫌になるくらい気分が沈んだりすることもあって、とてもつらい症状を抱えている人もいます。

 では、どうすればこの症状が良くなるの?ということになりますが、これらのつらい症状も薬を飲むことで改善することができるんです。pmsを改善するものとして一般的なのが、低用量ピルを飲む方法です。ピルって避妊に使われるんじゃないの?と思う人も多いと思いますが、低用量ピルには月経痛を和らげる効果があります。月経前に起こるホルモンバランスの変化を少なくすることができるので、生理前に現れる不快な症状を緩和して、さらに肌荒れの症状も改善することができます。低用量ピルは産婦人科で処方してもらうことができますが、副作用などを含めて適切な説明を受けてから処方してもらうようにしましょう。

 低用量ピルを利用するのはちょっと、と思う方には、漢方治療を利用する方法もあります。pmsに利用される漢方治療は、問診や腹診などを受け、症状について詳しく相談した後に処方してもらいますが、漢方のメリットは複数の症状に効果を発揮することです。処方される種類は様々で、疲れやすい体質の人、体力のある人、几帳面で少し鬱気味の人など、それぞれの体質や悩みの症状に合わせて一人一人に最適な漢方を処方してもらうことができます。生理前の不快な症状は、生理が始まると自然に軽くなっていきますが、それでも毎月のことなので、なるべく上手に対処して乗り切りたいですね。

 

関連コラム

 

「好きな人ができた」フラれた元彼と復縁できる唯一の方法
彼氏いない歴2年の私が1か月で素敵な彼氏をゲットした方法
Xmas目前、お一人様女子に訪れた20代最後のチャンス
結婚したい女子”が三十路ギリギリに駆け込んだスピード恋愛婚

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by True Portraits

ライフスタイル】の最新記事
  • タロット占い|つらい日々……私の人生にもうすぐ夜明けは来ますか?
  • 「さすがにドン引き……」男性が漏らしたムダ毛にまつわる本音
  • 名前で占う人生占い|今、あなたの人生がうまくいかない理由とは?
  • 人生占い|あなたの人生、次に起こるのはどんな出来事?
  • 人生占い|恋も仕事も欲張りたい!充実した毎日を過ごすには?
  • 姓名判断|人間関係に悩んでいるあなたへ。あの人との関係を良くするには?
  • タロット占い|あなたが思わず笑顔になってしまう未来の出来事とは?
  • 今のあなたの精神状況は?幸せを引き寄せるために大切なこと【誕生日占い】