女性の場合、通常初潮を迎えたら定期的に生理がおこります。

 

子供が欲しい場合は注意して

 

 脳下垂体から卵巣を刺激するホルモンが放出されて卵胞が育ち、排卵した後卵胞から排出されるホルモンの影響で子宮内膜が厚くなります。妊娠をした場合はそのまま妊娠が継続されるため出血はおこらないものの、妊娠をしなかった場合は出血がおこります。これは妊娠をしなかったことで子宮内膜を保つホルモンの数値が低くなり、維持できなくなった結果おこると言われています。

 通常およそ一ヶ月単位で生理がくると言われています。その間に卵胞が刺激され排卵し、卵子が子宮へと降りてきます。このペースは人によって異なり排卵をするタイミングで月経がおこる時期が異なってきます。

 子宮内膜の厚みによって外に排出される血液の量が異なるため、量が少なかったり多い、という場合は異常となります。またまだ周期としてはくるタイミングではないものの、すぐに子宮内膜が剥がれて生理がきてしまったという場合も月経異常となるため早めに婦人科を受診をすることが大切です。どのくらいの時期に月経がくるかということは基礎体温を測ると目処を立てることができます。

 月経が起きた時にもっとも大切なのは期間と量です。およそ一週間程度で終わり量も初日と二日目が多くその後は徐々に量が少なくなっていくのが通常です。したがって自分がそうでなかった場合は異常の可能性もあります。期間が短いものを瀕発月経、なかなか月経がこないものを希発月経、月経の期間が長いものを過多月経、月経がおこらない症状を無月経と分けることができます。どれも異常とされているため治療をするにはすぐに婦人科を受診することが大切です。将来的に子供が欲しい場合は早めに治療をして本来の正常な月経周期を取り戻すことが大切です。

 普段の月経量がどのくらいであるかということはホルモンバランスを見ることにもつながるため体内のバロメーターにもなります。またストレスなどがかかっている場合は周期が乱れ経血量も少なくなったり多くなったりします。普段の生活が直接影響してくることもあるためできるだけストレスがかからない生活を心がけることが大切です。

 異常出血が起こってしまった場合は誰でも不安になってしまいますよね。特に一人では婦人科には行きにくいと思う人も多いと思います。ですが将来的に子供を望んでいる場合は早めに治療をすることが一番となるので勇気を出していくことも大切です。

 

関連コラム

 

元彼との復縁実話!復縁を叶えた方法とそのタイミングとは?
未来のない不倫関係…諦めていた恋が動きだした瞬間とは
禁断の愛から真実の愛を掴んだ驚愕の不倫体験談
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by GU / 古天熱 (改変 gatag.net)

ライフスタイル】の最新記事
  • あえて空気を読まないのが正解! 「Facebook疲れ」の打開策
  • 「管理職になりたい女性」わずか11%! 女上司に向く性格とは?
  • 充実した生活のために、今最も優先すべきことは?
  • ゴロゴロ寝ながら太もも引き締めエクササイズ!
  • レディ・ガガ、過激な衣装で公演中止! オシャレ女子の苦労6選
  • 知らないうちに五月病? ストレスがたまっているときに見る夢 4選
  • イェール大学の研究で正式認定!? デブは怠け者で、痩せはビッチ
  • 5月23日はキスの日! 昔の日本にはキスの呼び方がたくさんあった