PMSとは生理が始まる3日から10日前から起こる身体的、精神的な不快症状のことをいい、生理が始まると自然に消えたり軽くなるのが大きな特徴です。女性の9割が何らかの症状を感じていると言われています。

 

ひどい症状がある場合は婦人科に

 

 主な症状としては、乳房のハリや痛み、むくみ、眠気、便秘、下痢、頭痛、吐き気、食欲増進、イライラ、不安感の高まりなどが一般的に聞かれる症状です。このような症状は個人差があり、程度も個人差の大きいものであるため、なかなか周囲の人に理解されずに辛い思いをする女性も多いようです。また20代は身体的な症状、30代以降は精神的な症状が多いと言われており、出産を機に症状が現れるという研究結果も報告されています。

 PMSが起こる原因ははっきりと解明されていませんが、3つの要素から引き起こされると言われています。排卵から生理前に分泌される黄体ホルモンによって脳内物質や水分代謝への影響、排卵後卵胞ホルモンの分泌の減少からセロトニンの低下によるネガティブな気持ちを引き起こすこと、ビタミンやミネラルの欠如などが原因であると考えられています。またこれ以外にも精神的面も大きく影響をするため、ストレスや疲労によって症状が悪化することがあります。

 このようなPMSの症状が出る人は自分の体に表れる時期や症状などをしっかり把握することから対策は始まります。症状が出てきた時に日記などにつけてみると、大体自分の生理周期の中でどのくらいの時期に症状が現れるのかが把握することができ、心構えをすることができます。心の準備をしているのとしていないのとでは精神的な負担も違います。まずは自分のパターンをしっかり把握しましょう。

 そしてストレスを溜めずに規則正しい生活を送ることも大切です。特にストレスは大きな影響を与えることになってしまいますので、自分のストレス発散法を見つけておきましょう。辛くない程度の軽い運動をすることはストレス発散にもなり、セロトニンという物質が分泌されることで精神的な安定にも一役買ってくれます。またエステやマッサージや温泉なども心身ともにリラックスでき、余分なストレスも追い払ってくれるということで人気の対策法です。

 どのような症状がどの時期に出るのかという自分のパターンを把握し、ストレス発散法を持っていることで、このような生理前の不快な症状とうまく付き合う方法が見つけることができます。しかしあまりにひどい症状がある場合は自分では気づかない病気が隠れている可能性もありますので、一度婦人科に相談することをおすすめします。

 

関連コラム

 

終わりにしたい…」そう思っていた女性の不倫成功体験談
復縁、不倫、略奪婚…ツラい複雑恋愛から脱却する唯一の方法
別れた恋人とのまさかの復縁体験談!!
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by True Portraits

ライフスタイル】の最新記事
  • ライフスタイル占い|もうすぐ、何もかもがうまくいく?
  • ライフスタイル占い|現状を好転させる方法を教えます
  • 恋人がいなくても幸せになれる女子の3つのパターン
  • 彼氏の喫煙、電子タバコなら許せる?
  • 運気が下がっている時にやっていいこと・いけないこと
  • 恋人や友人がいなくても幸せ。ソロ活のススメ
  • 【実録】キラキラ女子大生の実態
  • 夫はいらない。子供だけ欲しい。「精子バンク」ってあり?