女性は初潮を迎えると閉経まで長年にわたって生理と付き合っていく必要があります。

 

月経異常の可能性も

 

 個人差があるものの、通常一ヶ月に一度出血が起こります。出血をしてから二週間後に排卵され、妊娠しなかった場合は出血をし、妊娠をした場合はそのまま継続されるため生理は起こりません。

 まれに生理がきたときに経血量が少ないといった悩みを抱える人もいます。経血量は人によって個人差があるものの初日と二日目に多く、徐々に少なくなっていくパターンが通常です。しかし初日や二日目でもほとんどナプキンを変える必要がなく、夜でも日中のナプキンで足りてしまうといった場合は極端に経血量が少なく、月経異常の可能性が高くなります。

 ホルモンの影響で子宮内膜が厚くなりますが、妊娠をせず子宮内膜を厚くするホルモン値が低くなると内膜が剥がれ落ち、月経がおきます。したがって量が少ない場合は子宮内膜が厚くなっていない可能性があげられます。そうすると子宮内膜を厚くするホルモンが正常に分泌されていない可能性が高くなり最終的に排卵されていない可能性も高まります。そのような場合は将来的に不妊の原因となる可能性があるため早めに治療をすることが望ましいです。将来的に子供を望む場合は早く治療することで比較的早い段階で子供を授かることが可能となります。しかし長年放置しているとその分正常な状態に戻すのが難しくなってしまい治療が長期化してしまう可能性もあります。したがって自分の月経に異常を感じたらすぐに婦人科にいくことが理想です。

 若い女性に比較的多いとされている過激なダイエットや、仕事中のストレスなど日頃の生活で過度なストレスを感じるとホルモンバランスが乱れ正常なホルモンを放出することができなくなってしまいます。そうすると正常に卵胞が育つことができなくなり、結果的に正常なホルモンが放出されず子宮内膜が薄いといった異常を起こすことになります。したがって日頃からストレスを感じない日々を送ることが重要です。また量はもちろん月経がおこる期間も正常範囲内でいることが大切です。通常一週間程度続くとされていますが量が多かったり少なかった場合は一週間以上、もしくは数日で終わってしまうこともあります。したがって自分が正常であるかどうかということは日頃から把握しておく必要があります。適切な知識を持ち自分の体の状態を把握することが何よりも大切です。

 月経異常だった場合は早めに婦人科を受診し治療をすることが大切です。

 

関連コラム

 

終わりにしたい…」そう思っていた女性の不倫成功体験談
復縁、不倫、略奪婚…ツラい複雑恋愛から脱却する唯一の方法
別れた恋人とのまさかの復縁体験談!!
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Lies Thru a Lens

ライフスタイル】の最新記事
  • アラサーなら絶対必須!プラス1で超好感度アップの流儀3選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
あなたへのおすすめ