みなさんは、生理が始まる前や生理中の腰痛に悩まされていませんか?
毎月くりかえす、つらい生理痛。生理中、少しでも快適に過ごすために、その症状を改善する方法を紹介します。
 

生理とさまざまな症状の関係

 
いつもは症状がないのに、毎月決まった時期になると腰が重くなったり痛くなったり。
生理が原因で起こる腰痛は、女性に特有の症状です。女性ホルモンの分泌量が増え、この女性ホルモンが骨盤周りにある靭帯を緩める作用があるので、男性より女性の方が腰痛になりやすいと言われています。
 
女性の中には、毎月決まってやってくる腰の痛みに悩まされている人も多いですよね。毎月の不快な腰の痛み、楽になる方法があるなら試してみたいと思いませんか?
 
月経前に起こるさまざまな症状は、月経前症候群またはPMSと呼ばれています。頭痛やお腹のハリ、なんとなくだるい、イライラするなどの症状のほかに、腰が痛くなったりめまいがしたり、さまざまな症状があらわれます。
 
前述の通り、こうした症状は女性ホルモンの分泌量に深く関わっていて、腰の痛みもこれが原因で起こると言われています。
薬に頼ることもできますが、まずは自分でできる対処法があればうれしいですよね。

下半身を温める

 
簡単にできる対策としては、とにかく腰周りをよくあたためることがポイントです。これは月経痛にも効果的な方法として聞いたことがある人も多いと思いますが、月経痛だけではなく腰痛にも効果バツグンなんです。
 
寒くなると腰が痛む、という人も多いですが、逆にあたためれば血行がよくなって身体の調子もよくなるので、きちんと靴下を履いたり、お腹と腰の周りにカイロを貼ったりして、下半身をあたたかく保つようにしてくださいね。
 
ちなみに、カイロはお尻のわれめの始まりの部分から、ちょっと上の辺りにある仙骨に横長に貼ると、身体を効果的にあたためることができます。この方法は免疫力も高める効果があるので、婦人科系の疾患の予防にも役立ちます。さらに、エストロゲンという女性ホルモンが分泌されて、肌荒れにも効果があるというおまけつきです。
 

お風呂で全身を温める

 
いつもはシャワーで済ませている人は、ゆっくり湯船に浸かるのもオススメです。シャワーでパパッと済ませると身体の表面しかあたたまりませんが、湯船に浸かれば身体の芯からあたたまるので、腰の痛みが楽になります。
普段はシャワー派の女性も、月経前や月経の最中は意識して湯船に浸かると身体も心も楽になってきます。さらに、なるべく身体をあたためるはたらきがある食材、たとえばネキやタマネギ、ショウガなどをとって、冷えを撃退しましょう。あたたかい飲み物にショウガを入れて飲むと、ぽかぽかして体の内側からあたたまります。
 

冷えは生理痛の敵!

 
冷えは生理痛の原因になってしまいます。生理前や生理中だけでも、意識的に冷えを取り除くことで、生理痛は軽減されるはずです。
毎月やってくる重い症状も、ここで紹介した簡単な工夫で、快適に乗り切りましょう。
 
(yummy!編集部)
 
■ただの生理痛だと思って放っておいたら悲惨なことにorz
■生理中の辛い症状。改善するには生活習慣を見直そう
■生理中も快適に!イライラ・体調不良を軽減するには?
 

公開日:2014年11月25日
更新日:2020年2月12日


 

ライフスタイル】の最新記事
  • 私って異常? 生理の「普通の量」ってなに?
  • 「人の機嫌を気にしすぎて生きにくい」を解消するには?
  • 肩こりをスッキリ解消!生活習慣とストレッチ法
  • 春になると変態が増加? 変態オトコに遭遇したエピソード6選
  • 3月12日は財布の日! 金運がUPするお財布って?
  • 生理中に起こった彼氏とのトラブルあるある
  • 意外と危険!女性がクラブで気を付けるべきこと3つ
  • 存在にありがとう……社内にいたら出勤も楽しみになる理想の目の保養って?