みなさんは、生理が始まる前や最中に腰が痛くなりませんか?

 

ゆっくり湯船に浸かって

 

 いつもは症状がないのに毎月決まった時期になると腰が重くなったり痛くなったりするということがありますよね。生理が原因で起こる腰痛は女性に特有の症状です。女性ホルモンの分泌量の変化によって、骨盤周りにある靭帯を緩める作用があるので男性より女性の方が腰痛になりやすいと言われています。女性の中には、毎月決まってやってくる腰の痛みに悩まされている人も多いですよね。毎月の不快な腰の痛み、楽になる方法があるなら試してみたいと思いませんか?

 月経前に起こる様々な症状は月経前症候群またはPMSと呼ばれています。頭痛やお腹にハリを感じたり、なんとなくだるい、イライラしたりする症状のほかに、腰が痛くなったりめまいがしたり、様々な症状が出ます。前述の通り、こうした症状は女性ホルモンが分泌する物質の量に深く関わっていて、腰の痛みもこれが原因で起こると言われています。まずは自分でできる対処法があれば嬉しいですよね。

 簡単にできる対策としては、とにかく腰周りをよく温めることがポイントです。これはよく月経痛にも効果的な方法として聞いたことがある人も多いと思いますが、月経痛だけではなく腰痛にも効果バツグンなんです。よく、寒くなると腰が痛むという人も多いですが、逆に温めれば血行が良くなって身体の調子も良くなるので、きちんと靴下を履いたり、お腹と腰の周りにカイロを張ったりして下半身を温かく保つようにしてくださいね。ちなみに、カイロはお尻のわれめの始まりの部分からちょっと上の辺りにある仙骨に横長に貼ると身体を効果的に温めることができます。この方法は免疫力も高まるので、婦人科系の疾患の予防にも役立ちます。さらに、エストロゲンという炎症を抑える働きがある女性ホルモンが分泌されて、肌荒れにも効果があるというおまけ付きです。

 いつもはシャワーで済ませている人は、ゆっくり湯船に浸かるのもお勧めです。シャワーでパパッと済ませると身体の表面しか温まりませんが、湯船に浸かれば身体の芯から温まるので腰の痛みが楽になります。普段はシャワー派の女性も、月経前や月経の最中は意識して湯船に浸かると身体も心も楽になってきます。さらに、なるべく身体を温める働きがある食材、例えばネキやタマネギ、ショウガなどを摂って冷えを撃退しましょう。温かい飲み物にショウガを入れて飲むと、体がぽかぽかして身体の中から温まります。毎月やってくる症状も、こうした工夫で快適に乗り切りましょう。

 

関連コラム

 

元彼との復縁実話!復縁を叶えた方法とそのタイミングとは?
未来のない不倫関係…諦めていた恋が動きだした瞬間とは
禁断の愛から真実の愛を掴んだ驚愕の不倫体験談
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by canhtrinh67891 (改変 gatag.net)

ライフスタイル】の最新記事
  • アラサーなら絶対必須!プラス1で超好感度アップの流儀3選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
あなたへのおすすめ