女性の体には毎月生理と言う現象が起きますがこれは古くなった子宮内膜が剥がれ落ちる為に引き起こされます。

 

異変があれば病院へ

 

 そしてこの現象を月経とも呼び本来身体に異常が無ければ毎月決まった日に月経が始まるのですが、何らかの原因でホルモンバランスが崩れたりしてしまうと月経に異常が現れてくるのです。それは生理が来ない、生理が来ても直ぐに終わってしまう、経血量が少なすぎたり多すぎたりする等様々ですが、中には出血がダラダラと続いて止まらない症状が現れる場合もあります。

 通常出血は一週間くらいで止まるのが一般的ですが、ホルモン異常によりダラダラと一ヶ月くらい出血が止まらない症状が現れる場合もあるのです。この場合考えられる原因としてホルモンバランスの崩れによる無排卵月経と呼ばれる月経異常です。排卵が正常に行われていない事によるホルモンバランスの異常で出血が中々止まらなくなってしまうのです。そしてもう一つ考えられるのが気づかないうちに妊娠をしていて流産してしまっているケースです。無排卵月経が原因で出血が止まらない場合は放置しておくと貧血の原因にもなりますから必ず病院への受診が必要になります。内診を行ってホルモン異常の診断が下されればピル等の内服薬を使用した治療が行われます。ピルとは人工的に作り出されたホルモン剤で、それを内服する事で体のホルモンバランスが補充されて出血を止める事が出来るのです。そして上手く排卵が行われていない場合には排卵誘発剤と言う内服薬も使用します。薬で強制的に排卵を促す事で無排卵月経を治療していくのです。

 そして妊娠しているのに気づかないうちに流産してしまった場合には、出血が多く長期間出血が続く場合もあります。子宮収縮が起きて痛みを伴う場合もありますし、普段の月経の時よりも血の塊が沢山出てくる場合もあります。これは一旦受精、着床したにも関わらず流産してしまった為に子宮内膜が剥がれて出血が引き起こされるのです。避妊を行わずに性行為を行った事があれば妊娠している可能性はゼロでは無くなるので医師は流産している可能性を疑う場合もあります。

 妊娠検査薬を使用して陽性になれば流産による出血だと診断する事が出来ます。そしてこの場合妊娠週数にもよりますが、まだ初期の段階であれば子宮内膜が全て剥がれ落ちれば特別な処置をする必要は無くなります。妊娠反応が出ていてもまだ初期の段階であれば体外に全て綺麗に排出されるのです。

 しかし妊娠週数が経過している場合は子宮内の組織が取り残されてしまう可能性もある為に掻爬手術が必要になる場合もあります。

 

関連コラム

 

元彼との復縁実話!復縁を叶えた方法とそのタイミングとは?
未来のない不倫関係…諦めていた恋が動きだした瞬間とは
禁断の愛から真実の愛を掴んだ驚愕の不倫体験談
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by GU / 古天熱

ライフスタイル】の最新記事
  • あえて空気を読まないのが正解! 「Facebook疲れ」の打開策
  • 「管理職になりたい女性」わずか11%! 女上司に向く性格とは?
  • 充実した生活のために、今最も優先すべきことは?
  • ゴロゴロ寝ながら太もも引き締めエクササイズ!
  • レディ・ガガ、過激な衣装で公演中止! オシャレ女子の苦労6選
  • 知らないうちに五月病? ストレスがたまっているときに見る夢 4選
  • イェール大学の研究で正式認定!? デブは怠け者で、痩せはビッチ
  • 5月23日はキスの日! 昔の日本にはキスの呼び方がたくさんあった