みなさんの初潮は何歳ではじまりましたか?

 

体温は女性の身体に大きく影響している

 

 たいてい10代前半から始まる方が多いですが、一度始まるとその後、閉経までずっと付き合っていかないといけないのが、大変なところです。特に10代20代は体が出来上がっていないので、重い生理痛に苦しむ方もおられますし、ある程度の予定日があっても、いつ始まるかわからない出血に備えておくのも大変な気苦労です。

 そもそも、なぜ生理は起こるのでしょうか?妊娠の為の準備といいますが、詳しいメカニズムをご存じの方は少ないと思います。生理の事を月経ともいうように、約1か月のサイクルで行われています。毎月おこる出血は、子宮内膜がはがれ出たもので、よく保健の時間には、赤ちゃんのベッドという名で教えられました。子宮の内側は子宮内膜というもので覆われていて、月経の周期によって子宮内膜はだんだんと厚くなっていきます。月経前には1センチくらいになるので、毎月大量の経血がでるという訳です。

 月経の周期には女性ホルモンが大きく影響してきます。増殖器という時期には、卵巣の中で卵胞が大きくなっていきます。卵胞の発育とともに、卵胞ホルモンが分泌され、同時に子宮内膜の層も厚くなっていきます。卵胞ホルモンの分泌がピークを迎えると、今度は下垂体から分泌される、黄体化ホルモンが分泌され、排卵が起こります。卵子が出て行った後の卵胞が黄体という組織になり、黄体ホルモンを分泌します。子宮内膜は受精卵が着床する準備の為、柔らかくなります。妊娠しなかった場合は、卵胞ホルモン、黄体ホルモン共に分泌が減少し、いらなくなった子宮内膜ははがれて月経となるのです。

 ホルモンの分泌によって体温も上下し、身体へ様々な症状をもたらします。一番の特徴がある時期は排卵時で、卵胞から卵子が飛び出す時期には、平熱より下がります。その後、黄体ホルモンが分泌されて月経が起こるまでは、高温期が続きます。妊娠を希望される方は、基礎体温を毎日計っている方が多いですが、平熱より下がった後に高い温度が続くと、下がった時期が排卵の日だったのだと予測されます。毎月調べていると、月経が終わった何日後が自分の排卵期なのかを予測することができ、その時期にむけて性行為を行う事で妊娠しやすくなります。

 また、排卵後は高温期が続きますので、熱っぽく、身体が辛いと感じたり、イライラするなどの症状が見られます。月経の1週間前くらいから、この症状に悩む方も多く、月経とホルモン、体温は女性の身体に大きく影響しています。

 

関連コラム

 

元彼との復縁実話!復縁を叶えた方法とそのタイミングとは?
未来のない不倫関係…諦めていた恋が動きだした瞬間とは
禁断の愛から真実の愛を掴んだ驚愕の不倫体験談
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by feelim

ライフスタイル】の最新記事
  • アラサーなら絶対必須!プラス1で超好感度アップの流儀3選
  • 幸福を遠ざける3つのNGワードはコレ
  • あなたがあなたらしく生きて幸せをつかむために
  • あなたは今、人生の中で「どういう時期」を迎えている?
  • あなたの「絶対的な強み」は何?
  • あなたが楽しく生きていくために必要なもの
  • あなたが陥りやすいピンチと、上手なすり抜け方
  • 鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選
あなたへのおすすめ